AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

今週は昨年冬から続いた中山競馬場開催のトリを飾る重賞、GIIの

AJCC(アメリカジョッキークラブカップ)2017を予想していきます。

 

AJCCは中山芝2200mで開催され、

また競馬開催最終週という環境から馬場も荒れ放題の中、かなり特殊な環境下で

執り行われることから、この舞台が得意な馬の台頭が見られる一方で

過去にはマツリダゴッホ、トーセンジョーダン、ルーラーシップなど

同年の春以降のGIを制覇する馬を輩出するレースでもあります。

それにより、この1年を占うハイレベルな重賞であるとも言えます。

実績馬はもちろんの事、このレースをきっかけにGI戦線にはばたく新興勢力の有無も含めて考察していきたいと思います。

 

 

 

…今週の金曜日には関東平野部においても積雪の予報が有りますね。

土日は天気が回復する見込みの様ですが

馬場には確実に影響が出そうです。

ただでさえ荒れている厳冬期の中山競馬最終週の馬場に、

更に悪くなる要素が加わりますので、

ここの見極めが馬券的中への第一歩となりそうですね!

取り敢えずは土日の競馬開催が滞りなく開催できるように

JRAと、JRAの優秀な馬場造園課の皆さんに頑張っていただきたいと思います。

天候は不可抗力とは言え、代替競馬は気が乗らないものです。

競馬に携わる方々のスケジュールも狂いますし、やはり良いことは無いですからね…。

 

ただ、東京に住んでいて毎年思うのですが…。

 

『東京の交通、雪に弱すぎ!!』

 

10年に1回しか降らないとかならまだしも

大体1年に1~3回程度は積雪するくらいの降雪が有ります。

それにも関わらず

雪が降るたびに、降ったら振っただけ大混乱が起こります。

こういった状況を、ニュースなどで見ている全国の方々は、

どの様に思っているのでしょうか!?

 

東京に住んでいる私でさえ

『学習能力は無いのか!?』と突っ込みたくなります苦笑

東京の交通機関からすると単なるイレギュラーなのでしょうし

そのイレギュラーに対応するための予算が組めないというのもわからなくはないのですが

 

想定されうるイレギュラーに対しての備えくらいは有って然るべきかと思われます。

 

ま大した準備もせずに、いつも通り外出してしまう我々も悪いのですが

『雪が降ったから仕方ない』で済ませない風潮づくりをして欲しいですね。

 

金曜日に朝から出かける用事が有るので苦言を呈してみましたが

個人的な意見ですが間違ってはいないと思うんですよねー。

…あぁ憂鬱です苦笑

 

 

買うべき馬券種

 

それでは本題に入り

過去のAJCCの配当傾向から買うべき馬券種を考察していきます。

 

2007年/ 1690円・ 7210円(2-5-6)

2008年/ 7040円・24420円(2-9-6)

2009年/ 1650円・ 5340円(4-2-7)

2010年/10990円・14110円(5-9-3)

2011年/ 2210円・ 4040円(1-6-3)

2012年/ 300円・ 560円(1-2-4)

2013年/ 3360円・ 2740円(3-5-2)

2014年/14960円・52170円(2-11-6)

2015年/11950円・20340円(4-7-2)

2016年/ 1800円・ 6350円(2-3-7)

 

1番人気(2-0-0-0)

過去10年で8回が1番人気を買うと当たらない

だからと言って二桁人気馬が入着した実績は

過去10年で1頭のみと超特殊な重賞で有る事がわかります。

配当的には1番人気を買わないのであれば

馬連でも3連複でも的中すれば、高配当が狙えますので

軸馬の選択が、より重要であると言えます。

過去10年(4-2-2-2)の2番人気馬に着目するのも良いかもしれないですね。

ちなみに1番人気で勝利したのはトーセンジョーダンとルーラーシップ

ともに有馬記念からの参戦の5歳馬で同年にGIを勝つことが出来る程の逸材でした。

 

 

 

好走傾向

AJCCの好走傾向を見ていきます。

 

・480㎏以上の馬格の有る馬が断然優位

・前年のGIIで連対歴の有る馬が7年連続勝利

・前走金鯱賞(2-0-2-2)

・前走ディセンバーステークス(0-2-2-4)

 

・前走重賞3着以内(3-2-4-8)

・前走重賞2番人気以内(4-0-1-5)

 

・前走オープン特別連対(0-2-1-4)

・前走オープン特別2番人気以内(0-2-1-4)

 

・前走中山金杯5番人気以内(2-1-1-5)

 

ある程度データを絞ると好走する馬が限られてきますね。

これらを基に、独自の分析方法で好走馬をピックアップします。

 

現時点で人気に関わらず、有力視できる馬は以下です。

 

クラリティスカイ

ゼーヴィント

タンタアレグリア

リアファル

ミライヘノツバサ

 

次回の考察記事では今回ピックアップした馬を中心に

登録各馬の考察を行っていきます。

 

それでは最後に現時点での注目馬を発表します。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

先週はかなり偏った血統傾向が出ていました。

この馬の父も適応が有るはずです。

馬自体もコース実績豊富です。

 

 

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!
↓↓↓

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。