JBCクラシック等、今週の注目レースを中心とした記事を書いていきます。

 

今週は週中には川崎競馬場でJBCデーの開催、土曜日と日曜日には2重賞ずつと合計7つのグレードレースが実施されます。

 

また私は海外競馬には明るくないので参加はしませんが、カレンミロティックが出走するメルボルンカップ、ヌーボレコルトが出走するBCフィリー&メアターフもあるので競馬ファンにとっては忙しくも楽しい週となりそうですね。

 

資金が尽きないように笑、的中馬券を考察していきます。

 

 

天皇賞・秋2016回顧

 

まずは今週の考察に入る前に天皇賞・秋2016の回顧をしていきたいと思います。

 

公開した印はこちらです。

 

◎サトノクラウン 14

モーリス    1

▲ルージュバック 7

ステファノス  2

 

4

 

8914

 

134567891112131415

 

以上30

 

不的中

 

軸馬がこの着順では言い訳の仕様がございません。

素直にモーリスを軸に取っておけば・・・とタラレバは有るものの

そもそも大穴狙いで馬券を組んだので後悔は有りません。

 

レース全体としては大方の予想よりはスローペースになり後半勝負になったという印象です。

 

個人的な救いとしては週中に発表した

 

4走内の海外GI出走実績 かつ 近1年以内のGI連対実績

 

という好走傾向に合致した馬が3着内を独占したという事でしょうか・・・。

 

1モーリスG5勝目。日本では今年3戦目ですが初めて完璧な状態での出走となりました。道中しっかり折り合って、中段外から足を伸ばす王道の競馬で完勝。

素直に能力が違いました。ムーア騎手とのコンビで正に無双状態でした。

週中の記事で重箱の隅を突き、買いにくい理由を並べていた自分が恥ずかしい。

競馬場、国、距離等を問わず、これで10連続連対。

次は香港に向かうのでしょうか。

もう少し日本でのレースを見たいのが本音です。

 

2リアルスティールは前哨戦を使えず、安田記念からの直行という点で軽視してしまいましたが、ドバイターフ勝利の実績は伊達ではなかったです。

今回は無欲の追い込みが決まった印象も有りますが・・・戦績を見ると福永騎手との相性は良くないのかもしれませんね。

距離が延びるのも悪くない印象ですので次走はジャパンカップでもいいと思います。

乗り変わりでのデムーロ騎手は大舞台に強い。

 

3ステファノスは私が挙げた好走傾向に、ほとんど合致していた馬。

道中もっとペースが流れていれば更に上の着順もあったのではないかとさえ思わせる内容。

個人的には来春の大阪杯でも見てみたいです。

 

1,2,3着馬ともに馬券内には入ってはいるものの買い方が駄目でした。

改めて馬券は買い方が重要だと自戒したレースとなりました。

 

今週の注目レース

 

今週は冒頭にも記載した通り多数の重賞が行われます。

 

水曜日には

 

JBCレディスクラシック

JBCスプリント

JBCクラシック

 

3つのダート交流GⅠ

 

土曜日には

 

京王杯2歳ステークス

ファンタジーステークス

 

2つの2歳戦

 

日曜日には

 

アルゼンチン共和国杯

みやこステークス

 

2つの古馬重賞

 

それぞれの予想記事を書いていこうと思います。

 

もちろん週中には、それぞれの見解記事も書いていきたいと思います。

 

その中でも競馬ファンの注目としては川崎競馬場で行われるJBC競争でしょうか。

 

日本唯一の1日にJpnⅠレース3本立てで行われる地方競馬のお祭りです。

 

今年も祝日での開催なので関東在住の方は、現地に向かう方も多いのではないでしょうか。

 

私も今年は家庭の事情で見に行けませんが、昨年は大井競馬場で現地観戦を行い、独特の雰囲気を楽しんできました・・・馬券はボロボロでしたがね苦笑。

 

固く収まるイメージが有る方も多いと思われますがJBC競争は、というより最近の交流重賞や地方重賞においては、配当が付く傾向にあります。

 

その傾向が今年も合致するのかをキッチリ精査して馬券の参考としたいと思います。

 

ここでは現時点での各競争の本命馬を挙げておきます。

 

JBCクラシック 

コパノリッキー

 

JBCスプリント 

ベストウォーリア

 

JBCレディスクラシック

アムールブリエ

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。