根岸ステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

今回は根岸ステークス2017の印と買い目を中心に書いて行きたいと思います。

根岸ステークスはGIフェブラリーステークスへの重要な前哨戦です。

昨年はモーニンがココで重賞初制覇をした後、次走の本番でも1着となりました。

根岸ステークス経由の馬は、フェブラリーステークスでの好走率は高くは有りませんが

過去10年で2頭勝ち馬が出ている事を考えると、やはりGIでも好走可能な馬を見極めていくことが

根岸ステークスでの馬券に繋がるのではないかと思われます。

基本的には上りの勝負になりやすく、末の良い馬が好走します。

 

 

今週も(当たり前ですが)競馬が開催されています。

当たり前の事が、当たり前に出来るというのは、どんなに素晴らしいことか…。

それを実感した1週間でした。

 

このブログを前から読んでいなかった方に説明すると

先週の今頃はインフルエンザに侵されていました(この時期あるある)

 

毎週の様に飽きもせず競馬に勤しむ私ですが

流石にインフルエンザ罹患中は、何をやっても楽しく無かったです。

競馬をやっていても楽しくないのですから

病は身体だけでなく精神も蝕みます。

 

今週は普通に競馬を楽しむことが出来る喜びを噛みしめながら

馬券検討を行っていきたいと思います。

 

…そろそろインフルエンザネタも飽きましたよね。お互いに苦笑。

 

 

 

根岸ステークス2017

 

それでは本題に戻り予想をしていきたいと思います。

今回も印から公開します。

 

◎ベストマッチョ

〇カフジテイク

▲エイシンバッケン

☆ブルミラコロ

△2 4 5 7 9 11 14 16

 

買い目はこちらです。

⇒ 人気ブログランキングへ

 

過剰人気かとも思いましたが先物買いをすることにしてみます。

 

◎ベストマッチョ

週中のTCK女王盃には乗っていなかったので心配しましたが

どうやらルメール騎手の体調は万全とまではいかなくとも大丈夫そうですね。

まだまだ準オープンを勝ったばかりの身ですので本命級の評価は出来ませんが

こういった勢いの有る馬が、そのまま好走するのが根岸ステークスでもあります。

武蔵野ステークスを経由していない分、実績は劣りますが

昨年のモーニンと被る部分が有るのも事実。

また、近年のダート界は新陳代謝が盛んですので、こういった若く勢いの有る馬の台頭が有っても全く驚けません。

ダートにおいて、所謂、王道の先行押切タイプというのも良く、ルメール騎手を配している事からも期待の高さが伺えます。

陣営の描いた絵としては、ここで権利を取って次走も込みでの依頼なのでしょう。

東京ダート1400m(3-0-0-0)

 

〇カフジテイク

東京ダート1400mは(2-0-0-0)

この馬は末脚が強烈で、前走では出遅れながらも全開時の能力を見せつける事となりました。

今回、一つの疑問は福永騎手が騎乗するという事。

1番人気の馬にテン乗りの福永騎手で

となると、結果が伴うかどうかは別として次走もセットでの依頼でしょうし

ココは前哨戦とはいえキッチリと勝ち切るような競馬をしてくると見ています。

また、前年の武蔵野ステークスで上位入着している馬の成績も悪く無いので、ここは期待できます。

が、この馬全キャリア21戦中17戦で出遅れをしているというゲート難の馬。

いくら能力が高くても極端な脚質の出遅れ癖を持った馬を本命には出来ません。

(すんなり出て流れに乗った競馬をすると長所が削がれる可能性が高いのも悩ましい)

個人的にはインフルエンザ明けの鞍上には頑張ってほしいと思っています。

(ツラかったよね!!)

 

▲エイシンバッケン

東京ダート1400mは(1-1-1-0)

岩田騎手騎乗時(2-0-0-0)

前走、ファイナルステークスですが

過去10年(2-2-0-13)のギャラクシーステークス(現在は廃止)と同条件かつ施行時期も重なるレースですので関連性は強く、根岸ステークスとの相性も悪くありません。

ダート転向後は、入着率90.9%。

5歳馬で、まだまだこれから奥が有る馬だと思いますので先物買いで単穴を打ちます。

岩田騎手を配してきたことからも勝負気配の高さが伺えます。

 

☆ブルミラコロ

こういう馬好きなんですよ。

デビューから鞍上が変わらない馬。

競馬親父の戯言ですが、現代競馬においては本当に珍しく

馬主、調教師、騎手、その他周辺環境の全ての信頼関係が無ければ成せない業。

最後まで姿勢を一貫してほしいですね。

東京ダート1400mは初参戦。

全キャリアで馬券外が1回のみの超安定株。

(その1回も4着)

メンツがいきなり上がってどうかですが、ここも相手なりに走ってくれることを期待。

キャリア12戦中10戦が1400mでの参戦で成績は(5-4-0-1)

 

 

 

以下、実績馬を中心に流していきますが交流重賞からの参戦馬はデータ的には3着が限界であるという事を覚えておいてください。

 

それでは、東京開幕週を付ける重賞を楽しみましょう。

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。