東京新聞杯2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

前回の東京新聞杯に関しての記事では ⇒【東京新聞杯2017】好走傾向を紐解く

好走要件を考察しました。

今回は、その好走要件に合致する馬を中心に登録馬考察を行っていきます。

 

 

 

登録馬考察

 

それでは今回は早速、本題に入り有力な登録馬の考察を行っていきます。

 

 

 

エアスピネル

想定人気は1番人気。

多くを語るまでも無いですが、東京新聞杯は1番人気馬、前走重賞1着・1番人気馬の成績が良くないですし、前走は道中の運びが上手くいっていなかったとはいえ、ディープインパクト産駒が得意の京都コースで後続に迫られる内容。

ハンデ戦だったとはいえ、圧倒的な能力差が有ったかと問われると疑問です。

頭では買わず2,3着固定で買うのも一考ではないでしょうか。

また、距離適性の問題が有ったにせよ

関西圏(3-1-1-1)

関東圏(0-0-1-2)

数字だけ見れば前走より適性や状態が劣ってくるのは明らかではないでしょうか。

ココを勝たない事には春のGI云々も無いとは思いますが、完璧に仕上げてくるとも考え辛く圧倒的な人気の今走では頭で買うリスクが高いと思っています。

 

ヤングマンパワー

2016年の富士ステークスを勝っていますのでコースに対する適性云々は問題なさそうですね。

また今回は(3-0-0-0)の戸崎騎手に手綱が戻りますし戦績からも名より実を取りに行くタイプとも見ていますので、想定2番人気ではありますがエアスピネルよりも頭での購入時の期待値は高いと見ています。

 

ブラックスピネル

前走の京都金杯ではエアスピネル相手に、あわやの内容で迫り、素質を見せつける結果となりました。

馬自体は立ち回りの良さで好走するタイプと見ており、前走は福永騎手のエスコトートも最高だったと思っています。

ただし東京にコースが変わる事で、その立ち回りの良さが生きるかどうかに対しては疑義が生じます。

またデムーロ騎手に乗り替わる事で勝負掛かりなのはわかりますが、前走以上に手が合うイメージが無いのが本音です。

 

ロイカバード

5億円対決と言われた相手サトノダイヤモンドには随分と水をあけられてしまいましたが

この馬も勿論、素質馬であり、それは毎回安定して早い上りを繰り出す事が出来る事からも証明済み。

前走でやっとオープン入りしましたが今年の飛躍が期待される一頭となりそうです。

陣営としても絶対に走ってもらわなければならない馬でしょうし、ここでの賞金加算は至上命題。最も勝負度合いが高い馬と言えるのではないでしょうか。

前走準オープンからの成績は(2-0-0-5)と数字としても悪くありません。

 

マイネルアウラート

成績の良いニューイヤーステークス組の勝ち馬。

オープン特別を2連勝しており、また前走は58㎏での勝利でしたので、その価値は高い。

他の登録馬を見渡しても逃げたい馬は居なさそうなので、恐らくこの馬がハナを奪うのではないでしょうか。

左回りへの適性は高くないので展開の助けが必要になりますが、今回のレースで最も展開の恩恵を受けやすいポジションにいるとも思いますので昨年以上が有っても驚けません。

能力、実績に鑑みても想定人気は低いと言って良いのではないでしょうか。

また津京地方の日曜日は確率こそ高くないものの雨の予報が出ています。

馬場が渋れば更に好走率は上がると見ています。

 

 

 

それぞれ考察してきましたが

エアスピネルも含めて、混戦レースと言って良いのではないでしょうか。

レース自体も荒れる傾向に有りますので馬券が不的中だったとしてもエアスピネルを頭で買う予定はありません。

週末に向けてはどの馬を軸にして馬券を組み立てていくのかを、じっくり考えていきたいと思います。

 

それでは今回の記事の最後に現時点での頭から買いたい軸馬候補を発表して締めたいと思います。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

妙味込みの選定ですが、データ上も勝ち馬の要件も満たしている1頭。

過去の好走馬と比べてみても遜色ないデータ、傾向を持っています。

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。