有馬記念2016の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

いよいよ有馬記念2016の枠順が確定しました。

今年は日程の関係で水曜日に枠順が決まるという事で

先週の競馬から今週の競馬までの間が全然無く、せわしない週となりますね。

個人的には年末特有の忙しさは嫌いではないので、

勢いに乗って予想もしていきたいと思います。

 

今回、私は抽選の時間帯はテレビ中継を見る事は出来なかったのですが

Yahooのリアルタイムで『有馬記念』で検索した結果が流れているのを見ていました。

それだけでも、臨場感が有りましたし

枠順が発表されるたびに一喜一憂していました。

一番、気持ちが昂ったのは、あの馬があの枠番に入った時ですが・・・後述します。

 

 

 

有馬記念で使用される中山芝2500mは勝負所まで体力を温存できる操縦性と

最終コーナーからゴールまでスピードを持続する総合力が問われます。

日本競馬において類稀なるトリッキーさを誇りつつ、最も馴染深いコースの一つという特殊性が有ります。

 

外回りコースの3コーナー手前からスタートし3、4コーナーを回って、

ホームストレッチでは1回目の急坂を上ります。

続けて決勝線から1コーナーにかけても上りで、2コーナーから向正面半ばまで緩い下り。

3、4コーナーにかけてはほぼ平坦が続いて、最後の直線は310m。

最後の直線には再度の急坂が待受けていることから非常にタフなコースですが、

近年では瞬発力が生かされる展開になる事も多く、予想をする側を悩ませます。

 

今回は決まった枠順を踏まえて出走馬の考察を行っていきます。

 

 

枠順確定

 

1-1 キタサンブラック(牡4、武豊・清水久詞)

1-2 ゴールドアクター(牡5、吉田隼人・中川公成)

 

2-3 ムスカテール(牡8、中谷雄太・友道康夫)

2-4 ヤマカツエース(牡4、池添謙一・池添兼雄)

 

3-5 サムソンズプライド(牡6、横山典弘・杉浦宏昭)

3-6 サウンズオブアース(牡5、M.デムーロ・藤岡健一)

 

4-7 マルターズアポジー(牡4、武士沢友治・堀井雅広)

4-8 ミッキークイーン(牝4、浜中俊・池江泰寿)

 

5-9 ヒットザターゲット(牡8、田辺裕信・加藤敬二)

5-10 アドマイヤデウス(牡5、岩田康誠・橋田満)

 

6-11 サトノダイヤモンド(牡3、C.ルメール・池江泰寿)

6-12 サトノノブレス(牡6、V.シュミノー・池江泰寿)

 

7-13 デニムアンドルビー(牝6、M.バルザローナ・角居勝彦)

7-14 シュヴァルグラン(牡4、福永祐一・友道康夫)

 

8-15 アルバート(牡5、戸崎圭太・堀宣行)

8-16 マリアライト(牝5、蛯名正義・久保田貴士)

 

まずは、もう皆さんが

『おいおい、キタサンブラック(笑)』

と思っているに間違有りませんね。

これで1枠1番は3レース連続です。

 

隣枠のゴールドアクターも前に行きたい馬ですし、

逃げ宣言をしている4枠7番のマルターズアポジーも好枠ですので

 

増々、キタサンブラックの出方には注目が集まるところでしょうね。

 

他は総じて、極端に合わない枠番に入った馬は居ないと見ていますが

騎手の反応からみると、やはり外枠は嫌っているようで

人気どころではシュヴァルグランとマリアライトに試練が訪れたといったところでしょう。

マリアライトは昨年と同枠ですね。

 

 

過去10年の枠順の傾向

 

それでは考察に入る前にまずは過去10年の枠順・馬番の傾向を見ていきます。

 

枠データ

1枠(1-2-0-14)

2枠(2-1-1-13)

3枠(2-2-1-13)

4枠(1-3-2-14)

5枠(1-2-2-15)

6枠(1-0-2-17)

7枠(1-0-2-17)

8枠(1-1-0-18)

 

 

馬番データ

1番 (1-1-0-8)

2番 (0-1-0-9)

 

3番 (1-0-0-9)

4番 (2-1-1-5)

 

5番 (0-1-1-8)

6番 (1-2-2-4)

 

7番 (1-2-1-6)

8番 (0-0-0-10)

 

9番 (2-1-1-6)

10番(0-0-0-9)

 

11番(0-0-2-8)

12番(0-0-0-10)

 

13番(2-0-0-8)

14番(0-1-2-7)

 

15番(0-0-0-7)

16番(0-0-0-7)

 

外枠が悪いわけではなさそうですが相対的には内枠の馬が良さそうです。

 

具体的に馬番だけで見ていくと複勝率が高い番号は4つ。

4番(2-1-1-5)に入ったヤマカツエース

6番(1-2-2-4)に入ったサウンズオブアース

7番(1-2-1-6)に入ったマルターズアポジー

9番(2-1-1-6)に入ったヒットザターゲット

 

以上4つの枠に入った馬は好走率が上がったと見て注目する必要が有りそうです。

人気どころではサウンズオブアース

人気薄ではヤマカツエース

この2頭に個人的には注目しています。

 

その反面

8番に入ったミッキークイーン

10番に入ったアドマイヤデウス

12番に入ったサトノノブレス

15番に入ったアルバート

16番に入ったマリアライト

 

以上5頭は、それぞれ複勝率0%の死に枠に入ったことになります。

いずれも人気に関わらず入着の可能性が有ると見ている馬ですが

評価を下げることになりそうです。

 

 

 

枠順確定後の有力馬考察

 

枠順を加味した有力馬の考察を行います。

 

1枠 1番(1-1-0-8)

キタサンブラック

 

枠順を見た瞬間に思わずパソコンに向かって『おいっ!』と言ってしまいました。

全キャリアで1枠1番は4レース。

成績は(4-0-0-0)のパーフェクト。

毎回、極端な枠なので心配はしますが杞憂に終わっています。

マルターズアポジーが逃げ宣言をしていますので

無理して競り掛けなくても良いと思いますし

枠なりに出ただけで先手を取れる可能性も有ります。

逃げてしまうと無理に競り掛けられたときに消耗してしまうため

個人的には番手で京都大賞典の時のような競馬が良いと思っていますがいかがでしょうか。

兎に角、何から何までお膳立てが整いました。

 

1枠 2番(0-1-0-9)

ゴールドアクター

 

一般的には良さそうな1枠2番ですが過去10年の有馬記念では低調な結果です。

しかし、隣のキタサンブラックが必ず前に行くはずですので

ゴールドアクターとしては先団の最内コースを確保しながら追走できる算段が出来ます。

昨年の有馬記念から中山コースは3連勝。

しかもGIとGIIのみでの成績ですので価値は高いです。

 

一点の懸念材料・・・と言うより予感めいている事ですが

『連勝が止まった天皇賞(春)以降、勢いが無くなった』

という事です。

 

現実問題、天皇賞(春)では大きく負けて

ジャパンカップも自身は悪くない競馬をしていたものの結果は4着。

良い時の状態であれば、もっと弾けていたはずで

先団から突き抜ける事が出来ませんでした。

直近で勝ったオールカマーにしてもメンバーが低調過ぎですので

威張れたものでは有りません。

 

枠順が決まり、実績、能力からは言い訳の出来ない状態が出来たわけですが果たして・・・。

 

6枠11番(0-0-2-8)

サトノダイヤモンド

 

個人的には因縁めいたものを勝手に感じている

不利を受けて3着になった皐月賞と同じ枠番です。

枠番データ上も(0-0-2-8)なので、ちょうど3着という見方も

強引ですが出来ますね。

しかしながら目標のキタサンブラックを外から見ることが出来て

なおかつ極端に外枠でなければ、どこででも自分の競馬が出来るはずで

過去の成績とデータを除けば、悲観すべきところは有りません。

 

8枠16番(0-0-0-7)

マリアライト

 

過去10年馬券内無しの死に枠にして

昨年と同じ枠番が与えられました。

しかしながら私としては、そこまで悲観的ではなく

昨年4着の実績、能力を考えると

昨年よりもメンバーが落ちる今年は、再度チャンスありと見ています。

 

一番の懸念材料としてはやはり状態的なもので

昨年のエリザベス女王杯を勝って参戦してきた時の充実ぶりと比べると

見劣りするのは否めません。

 

マリアライトは今走で引退予定とのことなので

どこまで仕上げるのかに注目する必要が有ります。

 

勝てる見込みが有ると陣営が見ていて

今季のレースの照準を、ここだけに合わせてきた場合には

やはり怖さが有ります。

 

昨年の1,2,3着馬、そしてサトノダイヤモンドの状態も悪くないでしょうが

コース適性と展開に理が有るのは、こちらだとも思います。

 

 

2枠4番(2-1-1-5)

ヤマカツエース

 

3枠6番(1-2-2-4)

サウンズオブアース

 

4枠8番(0-0-0-10)

ミッキークイーン

 

5枠10番(0-0-0-9)

アドマイヤデウス

 

7枠14番(0-1-2-7)

シュヴァルグラン

 

上記5頭に関しても別途『登録馬考察(後編)』の記事を明日に書きますので

そちらで考察していきます。

 

最後に枠番確定後に評価が上がった馬を発表します。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

枠順データも悪くないのですが

脚質的には、この位置からでも悪くないはずで

前に行く馬達が良い枠を引き競馬がしやすくなったことで、レースが早くなった場合に

過去にGIで良績を残した時の再現が可能になると見ています。

PR【なぜ?プロは有馬記念を的中させられるのか?】

高梨です。原稿をお借りしてPRにやってまいりました!

皆さん!千葉テレビ・テレ玉でも番組を放送していて、

府中競馬正門前駅改札にも看板を出している!!!

【競馬スピリッツ】ってサイト、知ってますか?

あの有名な東スポの予想家の虎石晃さんを筆頭に、

血統評論家で活躍している栗山求さんも参加しているサイトです!

そんな競馬スピリッツの予想陣は、TV、新聞、雑誌など

多数のメディアに露出している予想家ばかりなんです!!

信頼度、精度、本気度はどこにも負けません!

「真面目で」「誠実で」「ピュアな」競馬予想。

それでいて、時には「トリッキーでユーモアな」穴馬予想で…

【あなたを驚かせて見せましょう!!!】

「って言っても実績はどうなの…?」

と思う方もいるかもしれませんが、実績もさすが!の内容!

【的中実績】

☆★☆★☆★☆★☆★☆

12月17日(土)

中山11R ターコイズS(重賞)
○◎馬連1,910円的中!
○◎,◎△,○△ワイド2910円的中!
(虎石晃)≪馬スピ特報≫

中山7R 3歳上500万下
◎△馬単5,380円的中!
◎△○三連単20,870円的中!
(江戸川乱舞)≪勝負レース≫

阪神9R 樅の木賞
△◎馬単12,700円的中!
(江戸川乱舞)≪勝負レース≫

☆★☆★☆★☆★☆★☆

12月18日(日)

中山11R ディセンバーS
○◎馬単2,220円的中!
(ハンターX)≪勝負レース≫

阪神5R メイクデビュー阪神
△◎▲三連単13,100円的中!
(栗山求)≪勝負レース≫
☆★☆★☆★☆★☆★☆

※勝負レースでの的中はGOLD会員のみ予想を見る事ができる予想となります!

いかがでしょうか?

【今週の無料提供レース】

まさか・・・

  \4年間連続で有馬記念的中/
──────────────────
信頼度抜群の予想家が有馬記念で
“本物”の競馬予想を届けます。(G1)
──────────────────

予想家1:血統のスペシャリスト
予想家2:スポーツ紙の看板記者
予想家3:トレセンと繋がりのある情報通
予想家4:脱サラしてプロ予想家になった競馬バカ

この4人の予想家が、
有馬記念を“ガチ”で予想をすると・・・

↓とんでもない結果に(!?)↓

【競馬という世界で最も信頼出来る予想とは??】

毎週“無料”で公開している
重賞予想だけでも・・・

・平均的中率65%

・年間獲得金1000万円以上
(2015年度:1439万円)

これが本物の競馬予想の力です。

年末の大一番、有馬記念でも
プロの実力を証明してみましょう!
↓ ↓ ↓
【無料】登録はここをクリックしてメルアド登録で完了です!

■オススメコンテンツ
ゴールド会員での予想家の厳選予想も必見!

更に予想家に直接質問できる掲示板が面白い!

是非いちどお試しあれ!

まずは無料登録してみて内容をチェックしてみてくださいね!

【無料】登録はここをクリックしてメルアド

登録で完了です!

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。