天皇賞・秋2016の予想を中心とした記事を今回も引き続き書いていきます。

 

これまでは独自の好走傾向や優良データに合致する馬をピックアップしてきましたが

 

予想単勝オッズを見てみると、見事に上位人気馬に合致しています。

(傾向に合致する馬が人気薄の時こそ、このブログの真価が発揮出来るのですが…苦笑)

 

やはり競馬の醍醐味は穴馬券を取ることだと個人的には思っていますし

 

どんなに的中率が高くても穴馬券を当てないことには

 

競馬は勝てません

 

逆に穴馬券を当てれば、どんなに負けが続いても競馬は勝てます。

 

今回は、今まで取り上げていない登録場の中から穴を開ける可能性の有る馬をピックアップしていきます。

 

レース傾向的には大穴台頭の余地は少ないですが

 

可能性がゼロではない以上は追及していこうと思います。

 

 

予想オッズ

 

まずは現時点での下位人気馬の予想オッズを見ていきます。

 

1番人気 モーリス 3.3倍

 

・・・と言いつつですが。

 

モーリスが3倍台。

 

人気も割れそうですし、上位人気馬のみで点数絞って馬券を組んでも利益が出そうです。

 

今回の趣旨からズレそうですので改めて

 

9番人気 アドマイヤデウス 67.8倍

10番人気 ロゴタイプ  79.8倍

11番人気 サトノノブレス 117,7倍

12番人気 ヤマカツエース 199,1倍

13番人気 ヒストリカル 273.3倍

14番人気 クラレント 520.2倍

15番人気 カムフィー 733.0倍

 

この辺りから見ていきたいと思います。

 

傾向的に穴馬台頭の余地は少ないと、何回か書いていますが

 

昨年の結果は

 

年/馬連・3連複(1着人気‐2着人気‐3着人気)

 

2015年/7,340円・24,850円(1-10-6)

 

それまでの9年間は2桁人気馬が馬券内に入ることは有りませんでしたが

 

昨年は10番人気馬が馬券になりました。

 

傾向とは、あくまでも傾向です。

 

ある年を境に傾向がガラッと変わる時が有ります。

 

今年も2桁人気馬が馬券内に好走する可能性が有ると仮定すると

 

可能性が有るのはロゴタイプ以下6頭

 

主観も交えて各馬を見ていきます。

 

各馬短評

 

ロゴタイプ

 

GI3勝馬です。実績は上位です。

 

安田記念では自分の形で走ることが出来れば、まだまだ通用することを見せました。

 

展開に助けられる事が必要ですし、同型に強力な馬がいますが、コースの恩恵を受けゴール前で粘る姿は想像できる。

 

成績の良くない6歳以上馬ですが、ローテーションは悪くないですし、個人的に人気薄の時に買えなくて後悔してきた馬。(何で朝日杯でゴットフリートの方を・・・失礼しました。)

 

2桁人気馬では最も可能性の有る一頭とではないでしょうか。

 

サトノノブレス

 

この馬も6歳馬ですが、今年重賞2勝。

 

前走はオールカマーで中山得意のゴールドアクターにクビ差迫り2着。

 

増々、力を付けていっている印象です。

 

上りが掛かる展開が好走の条件ですが、逃げるであろう馬たちは瞬発力勝負をしたくないはず。

 

前目に付けて雪崩込む可能性は有る。

 

里見オーナー × 池江厩舎 の2週連続好走で

 

『今週も、この組み合わせか』は有りえるか?

 

・・・同厩舎のラブリーデイのサポートに回る可能性は高いですが。

 

ヤマカツエース

 

昨年末から今年の頭にかけては、今年の飛躍を大いに期待しましたが近走は精細を欠いています。

 

上りの掛かる展開が得意なのは、この馬も同じですが、いかんせん左回りが不得意そう。

 

GIハンター池添騎手の手綱でどこまで、と言ったところでしょうか。

 

ヒストリカル

 

今年7歳ですが、前走の毎日王冠で上り3ハロン2位の末脚はデータ的にも高評価。

 

また、年齢を重ねても血統背景的にカンパニーを彷彿とさせる方は多いはず。

 

勝負が決まった後に終いに掛けて追い込んで来れば可能性はゼロではない。

 

・・・しかし個人的に、しかもGIで田中勝春騎手は買えない。

 

どんなに好走傾向に合致していても覆されるし、ましてや穴馬の立場では手が出しにくい。

 

クラレント

 

左回りが得意なのは周知の事だと思いますが、厳しいと思います。

 

関東圏のGIで内田騎手に乗り変わりは好印象ですが・・・。

 

昨年は17番人気で6着

 

今年も人気以上には走りそうではある。

 

カムフィー

 

良いところ、蛯名騎手(想定)。

 

同日の平場で同厩舎の有力馬にでも乗るのでしょうか。

 

申し訳ございません。正直に力不足。

 

天皇賞・秋が3,000m超えであれば買います。

 

次週のアルゼンチン共和国杯の方が合うのでは。

 

ピックアップした穴馬

 

以上、考察してきましたが二桁人気馬の中で馬券内に入る確率が有る馬としてピックアップしたいのは2頭

 

具体的な数字は、ここでは挙げられませんが2頭とも、ある好走傾向に合致します。

 

その好走傾向とは、同年に同斤量(58㎏)で好走歴が有るということ

 

ここではロゴタイプサトノノブレスの2頭をあげておきます。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。