大阪杯2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

前回の記事では大阪杯2017好走データ・傾向を考察しました。

【大阪杯2017】データ予想~好走傾向を紐解く

 

現時点で一応の軸候補はキタサンブラックなのですが、1番人気馬から買うのであれば、どんな馬券を組むにせよ小点数で仕留めたいところ。

2頭軸の相手やフォーメーションの2列目など、もう1~2頭は信頼度の高い馬をピックアップしていきたいですよね。

今回は前回の記事で好走データ・傾向に合致した馬を中心に各馬に対して個別に考察を行い、馬券購入の参考としていきたいと思います。

 

 

e34df55e85ced7b1e02cb2fdd665b2ccd80ee26e.79.2.2.2

 

お帰り…マジ!?

 

【PR】確実に発生する高額万馬券!!

 

【PR年収を稼ぐ競馬投資・高配当

 

【PR無料で毎週あなたに的中をお届け

 

 

少し前の話題なので深くは触れませんが…少しだけ。

 

門別競馬からは南関東競馬への転入馬が多く個人的にも興味はありましたが、

わざわざ東京から行って見に行きたいかと聞かれると疑問

何か用事が有ったついでに、時間が取れれば見に行ってみようかなという程度。

(すすきのからもメッチャ遠いからな!)

しかし、藤田伸二騎手がここで復帰を果たすというのなら話は別。

 

『漢・藤田伸二を見にホッカイドウに行きたい。』

 

そう思うのは、私だけではないはずで

ファンにそう思わせるだけで、復帰する意義の大半は果たせているのではないか。

はたまた、我々の想像の及ばない事を成し遂げてしまうのだろうか…。

 

この流れから、ご本人方がどう思っているかは知る由もないですが

中央の騎手が晩年は地元の地方競馬で再デビューしたり

地方から中央に来た騎手が、また同じ場所へ戻っていったりと

そういった事例が増えても面白いのではと思っています。

(もちろん中央で通用しなくなったから地方へという意味などの他意はありません)

 

話は戻りますが、藤田伸二騎手ならホッカイドウの馬で中央GI制覇とかしてくれそうな

そんな期待を持ってしまいますね。

今から楽しみで仕方ありません。

 

【PR】100倍儲かる無料情報

 

【PR】渾身の3連単買い目

 

 

出走登録馬の考察

 

それでは本題に入っていきたいと思います。

好走データ・傾向に合致する馬を中心に個別に考察していきます。

また、毎回登録馬考察の際にはコースや距離のデータを出していますが、今回は特に注目。

過去10年の勝ち馬の内、9頭は阪神芝での勝利実績が有った馬です。

また残りの1頭も阪神芝オープンクラスで2着が有りましたので、

勝ち馬を選定する際には、コース適性を重視する必要があるという事になります。

 

キタサンブラック

阪神芝(0-1-1-0)

阪神での勝利実績は無いものの、2戦ともに勝ち馬からタイム差無し。

片方は昨年の大阪杯で、アンビシャスよりも2㎏背負っての2着。

もう片方は昨年の宝塚記念での3着ですので特に適性を疑う必要は無い。

また、前回の記事にてデータ上でも散々買える材料を書きましたが

・4,5歳馬かつ当日1番人気(4-3-1-0)

・前走、馬券内の1番人気馬(3-3-2-0)この2つに該当し、

また・当日、単勝オッズ2.9倍以内(4-3-2-0)に該当するのも、ほぼ確実

さらに・前年、GI勝利実績かつ前走、有馬記念の4,5歳馬(3-1-1-1)にも該当するため

データ上の信頼は揺るがない。

今年は斤量も他馬と同じで、昨年の雪辱を晴らす可能性も高いとみています。

仮に重箱の隅を突くのであればキタサンブラックの距離実績でしょうか。

2000mより長い距離での重賞実績は(5-1-2-1)に対して

2000m以下の重賞実績は(1-1-1-0)

2000m以下の距離を複勝率100%と見るのか、長距離よりは適性に劣るため

レースに出していないと見るのかで馬券を組む際の位置が変わってきますね。

(馬券的には後者のほうが良いのですが…)

中間は、『宇治田原』での外厩調整。

馬体写真を見ても調整の順調度が伺える仕上がりで、休み明けでも緩んだ箇所が見当たらない。

恐らく今が完成形でピークは今年一杯。

何にせよ昨年の年度代表馬ですので今年の初戦こそ無様な競馬は絶対に出来ない。

 

アンビシャス

阪神芝(2-0-1-1)

昨年の覇者が、ここを大目標に昨年と同じローテで参戦。

距離適性としても、ここで思いっきり勝負でしょうね。

近3走は崩れずに走ってはいるものの、もうひと押しが足りない内容。

左回りコースの不得手。年明け初戦の叩き台と言い訳は出来なくない。

ただこの馬は基本的に過剰人気する馬で基本的には2番人気以内じゃないと勝てない。

3番人気以下での成績は(0-2-1-3)

現在の想定人気は4番人気ですので適性がどこまで上回るのかが焦点ですが、データ的にはかなり懐疑的といって良いです。

また、乗り難しい当馬にテン乗りの福永騎手というのも合うイメージがわかない。

中山記念の1~4着馬は過去10年(3-2-0-3)ですが、昨年よりも順位を落としているというのも条件としては良くないですね。

ただ今回、考察する5頭の内、阪神での勝利実績を持つ馬はアンビシャス1頭のみ

主観を排除して買うか否か悩ましい所です。

 

マカヒキ

阪神芝(初出走)

前走はサトノクラウンが勝つような時計の掛かる馬場だったので情状酌量の余地が有るものの、当日も同様の馬場であれば、二の轍を踏む。

あれだけキレにキレた末脚が鳴りを潜めたのは馬場のせいなのか、もしくは凱旋門賞参戦の影響なのか。それも今回で明らかになるはず。

・前走、京都記念1着もしくは勝ち馬から0.3秒差以内(1-2-2-1)に該当し

また人気ブログランキングで公開した・前年の皐月賞3着以内(2-1-2-1)にも該当。

買い材料は揃っています。

馬体写真を見ても明らかに前走よりも筋肉が付きトモの張りも良い。

体勢は整ったと見ています。

希望は、やはり良馬場。

 

サトノクラウン

阪神芝(0-0-0-1)

香港ヴァーズ、京都記念とGI・GIIを連勝中。

特に58㎏で勝った前走は勝ちが高く今が正に充実期なのでしょう。

状態的にも毛ヅヤが良く馬体にも幅が出てきており見た目からも成長が伺えます。

早い馬場への対応と、少し短い2000mに対しては懐疑的ですが、今ならこなすことが出来ても驚かない。

またGIで鞍上はミルコ・デムーロ騎手

無思考に、これだけでも買い材料ではないでしょうか。

 

ヤマカツエース

阪神芝(0-0-0-4)

金鯱賞の変則連覇を経てここへ。

今年の金鯱賞の際にも記載しましたが、新設トライアルの好走馬は本番でも好走する傾向に有ります。

前走データとしては使えませんが、その金鯱賞の勝ち馬ですので、重視しなければならないと見ていますがいかがでしょうか。

また、金鯱賞自体も前哨戦としては、かなり優秀で、どの時期にて開催されたとしても、次へ続くGIレースへの好走馬を排出し続ける事が特徴的です。

 

2009年春開催サクラメガワンダー(1着)

⇒ 宝塚記念2着

2010年春開催アーネストリー(1着)

⇒ 宝塚記念3着

2011年春開催アーネストリー(3着)

⇒ 宝塚記念1着

2012年秋開催オーシャンブルー(1着)

⇒ 有馬記念3着

2013年秋開催ウィンバリアシオン(3着)

⇒ 有馬記念2着

2016年秋開催ヤマカツエース(1着)

⇒ 有馬記念4着

 

またヤマカツエース自身も芝2000mは重賞4勝の適距離。

能力・実績とともに積み上げてきたものが花開きつつある中で戴冠の準備が整ったのではないでしょうか。

 

今回の記事では前回の記事で紹介した、好走データ・傾向に合致する馬を中心に、5頭を考察してきました。

今回の中から2頭は馬券内になる可能性が高いとみており、勝ち馬の条件に該当しているのは現時点でキタサンブラックアンビシャスのみと考えています。

しかし個別の考察でも記載した通り、現状では積極的な買い根拠には乏しいので、別の視点での考察も必要になってきそうです。

 

それでは、今回の記事の締めとして現時点で考えている穴馬を発表して終わりたいと思います。

 

その馬⇒人気ブログランキングへ

 

上記したとある好走条件にも該当していますね。

 

次回は、この馬を含めて穴目の馬を中心に個別に考察していきます。

 

【必見】GIを勝負するのに抑えるポイント

田岡です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

ついに!2017年もGIシーズンに差し掛かりますね!
今週は本番に向けて良い馬も揃いそうです!

そんなGIでぶっこむために抑えておいて欲しいのがSiteという競馬予想サイトです。

名前を知っている人も多いと思いますが、昨年から絶好調を今年もしっかり継続しています。
おかげで私の財布も絶好調ですw

Siteではいろいろなキャンペーンが開催されているのですが・・・
このキャンペーンが激アツです。
魅力はケタ違いの配当!!実績は圧巻の200万オーバーです。
最近、私は参加できるキャンペーンは全て参加しています。
売り切れてしまうこともあるようなので早めにチェックしておきましょう。

そんなSiteですが、今週は重賞の買い目公開が決定しているようです。
Siteを使って盤石の体制で臨みましょう!!

>重賞予想もSiteにお任せ!

(メルアド登録のみで無料で予想を見ることが出来ます)

 

 

リピート率97%!競馬で稼いでる人が使うガチなサイトを発見!!

西川です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました!

皆さん!「当たる」競馬予想サイトを見つけましたw
もちろん全てのレースで的中するわけではないですが・・・
数ある予想サイトの中でも的中率はトップクラス!

投資競馬 高配当というサイトです。
名前通り高配当の的中を連発していますw

私も最初は軽いノリで登録しただけだったのですが・・・
今は投資競馬 高配当の予想がなければ馬券を買えませんw

知らない人は是非、一度見てみてください!!
もちろん、精度の高い無料情報もありますし、
サポートの人もすごい親切なので色々相談してみればいいと思いますよ(^^)

重賞のネタも今ならGET出来ます!

>投資競馬 高配当 無料登録はコチラ!!
※メールアドレス(フリメ可)だけで登録できます

 

 

【PR】二桁人気馬の激走情報をお届けするサイト

こんにちは。島田です。

今回は元JRA騎手の大塚栄三郎さんが

本物の「金になる極秘情報」を無料で公開するサイトをPRします。

このサイト、二桁人気馬の激走情報を入手し、

安定的に高配当馬券の的中をお届けすることを使命としているんです。

というのも一般競馬ファンが接点を持つ事など許されるはずもない

関係者各位からの貴重な情報を手にすることが出来るからこそ

高配当馬券の的中をお届けすることが可能なんです!

これってめちゃめちゃ凄いことじゃないですか?

まず桁違いの予想を手に出来る大チャンスだと思ったほうがいいです!

そしてなんと今週は重賞の予想も

無料で公開されるみたいですよ。これは大注目です。

メールアドレスのみで無料登録可能なサイトとなっておりますので

よかったら今回を期に登録してみては?

 無料登録して早速情報を受け取る

 

 

【PR】元美浦調教師、清水美波氏の激走情報馬ネタが無料で手に入ります!

武田です。今回はサイトスペースをお借りしてPRさせて頂きます。

いきなりですが、皆様は元美浦調教師・清水美波氏をご存知でしょうか?

2004年天皇賞・春にてイングランディーレで制した元JRA調教師。

現在は競馬サークル内関係者、運営スタッフが大規模な計画を打ち立て、

ご利用いただく会員様を魅了させることを目的とした本格的な競馬予想サイトで、

『本物の情報』を競馬ファンの皆様にお届けしています。

これってとんでもなく凄いことだと思いませんか?

だって本物の裏ネタなどが回ってくるんですよ?

そして清水美波氏の愛弟子は調教師の堀井氏と騎手の丹内。

2人共未だ現役で活躍しているので、当然そのネタの精度も優秀。

=裏ネタで馬券をはめることが出来る可能性は十分あります。

回収金額が物凄いこれがプロの予想なんでしょう。

そんな清水美波氏の予想プロジェクトが今なら無料で手に入ります!

今週の重賞の予想見解もみることができます!

まずは無料登録してみてはいかがでしょうか?

登録はこちら⇒ 元美浦調教師、清水美波氏の激走情報馬ネタはこちらから

 

 

ある競馬データを使うだけで、アホみたいに的中を量産させるもはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。