共同通信杯2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

今回は東京競馬場で行われる

3歳重賞共同通信杯2017の予想をしていきます。

共同通信杯は東京・芝1800mで行われており、春のクラシックレースの重要な前哨戦として位置付けられています。

日本ダービーを目指す若駒に東京コースを経験させることができるため、ここを使う陣営も見られるほか、有力馬が年明けの始動戦として参戦するケースも多くなっています。

 

また過去10年の連対馬を見ていくと異常な程の出世レースだという事が伺えます。

2009年トーセンジョーダン(天皇賞・秋)

2010年ダノンシャンティ(NHKマイルカップ)

はもとより近年は

2012年ゴールドシップ(皐月賞)、ディープブリランテ(日本ダービー)

2014年イスラボニータ(皐月賞)

2015年リアルスティール(ドバイターフ)、ドゥラメンテ(皐月賞・日本ダービー)

2016年ディーマジェスティ(皐月賞)

とクラシックや、その後のGIに直結する重賞となっています。

特に過去5年で3回、皐月賞馬が共同通信杯の連対馬から出ているのは注目すべきでしょう。

 

共同

 

 

PR】『確実』に発生する高額万馬券!!

【PR】『年収』を稼ぐ競馬投資・高配当

 

 

買うべき馬券種

 

それでは予想に参ります。

共同通信杯の配当傾向から、買うべき馬券種を考察していきます。

 

年/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)

2007年/1220円・ 980円(1-5-3)

2008年/9960円・100520円(6-5-11)

2009年/ 610円・ 5670円(1-2-9)

2010年/1440円・ 590円(3-2-1)

2011年/2090円・ 5690円(3-6-5)

2012年/ 210円・ 640円(2-1-3)

2013年/1140円・16010円(4-2-9)

2014年/ 680円・ 740円(1-3-2)

2015年/ 710円・ 2380円(3-1-4)

2012年/9650円・10020円(6-5-3)

 

1番人気(3-2-1-4)

1番人気馬の成績は平凡であるものの

過去10年の連対馬を見ると20頭中17頭が5番人気以内。

馬券内まで広げても30頭中24頭が5番人気以内ですので極端な大きな配当は見込めません。

実力がダイレクトに反映されやすいコースであり、毎年出走馬のレベルが高くなることから固く収まる傾向にあるという事でしょう。

1番人気馬が馬券に絡む際には極端に低い配当になる傾向に有るので、1番人気馬の信頼度によって馬券の組み方を考える必要が有りそうです。

仮に1番人気馬を軸に据える場合は、連対する確率が高く、3着になる確率は低いので小点数で馬連流し

1番人気馬が飛ぶと想定するのであれば1桁人気馬の中で3連複のフォーメーション

以上が当レースでの期待値の高い買い方と言えます。

好走傾向

 

共同通信杯の好走傾向を見ていきます。

 

前走6番人気以内(10-9-9-61)

前走オープン以上3番人気以内(6-6-5-14)

前走オープン以上3着以内(6-6-4-17)

単勝50倍未満の関東馬(6-5-6-26)

前走、朝日杯FS(1-2-1-4)

前走、シンザン記念(0-1-1-1)

前走、東スポ杯2歳S(1-1-0-2)

過去10年、馬券内30頭中27頭が馬番1桁

 

やはり一通り好走データを見ていっても前走で上級条件を走って、上位人気であったり馬券内に入っている馬が好走傾向にあることから、共同通信杯においても自ずと上位人気馬が馬券になりやすいことがわかります。

これを踏まえて独自の分析方法を用いて好走馬をピックアップしていきます。

 

 

 

好走傾向合致の登録馬考察

 

ムーヴザワールド

新馬戦では、同じくここで人気になるエアウィンザーを下し

前走の東京スポーツ杯2歳ステークスでは勝ち馬のブレスジャーニーにクビ差に迫る好走。

休み明けでの1戦になりますが、想定1、2番人気をスワーヴリチャードと分け合うのは納得。

血統背景や騎手を込みで考えるとこちらが1番人気になるでしょうか。

中間は外厩乗り込まれ態勢は万全ですし、大トビの馬なので引き続きの東京コースは合う。

また重賞で好走はしたものの、賞金加算が必須な1戦になるので自ずと勝負気配が高いであろうことも想像に容易い。

出走予定馬の中では最も軸にしやすい馬なのではないでしょうか。

 

スワーヴリチャード

そのムーヴザワールドに前走でハナ差先着しているのが、こちらのスワーヴリチャード。

(どうでも良いですけど、2頭とも文字も発音も何となく似ているので実況が大変そうですね。)

懸念材料としてはデビューから3戦連続で、スタートを出遅れてしまっている事。

長く使える強力な差し脚は有るものの、パフォーマンスは圧倒的とは言い難く、こういったわかりやすい弱点が有る馬は上級条件になっていくほど勝てなくなっていきます。

格上に先着するなど調教も好調で本数も多く態勢は整っていると見ていますが、悪癖を強制できるか否かが今後の好走条件になってくると見ています。

 

エアウィンザー

素材、能力が高いことは既に証明済みですが、この馬も出遅れ癖があり、結局は未だ1勝馬のままというのが事実。

前走は馬体が大きく増えていたので、今回は叩いた上積みが見込めるでしょうし、初めて単勝1番人気、1倍台から解放されるここが試金石。

中間は集中力を増すためにシャドーロールを着用したとのことなので、それが良い方に出るかもポイント。

ムーヴザワールドと同様に賞金加算が至上命題の馬ですので、ここでの勝負気配は高い。

 

タイセイスターリー

前走は道悪の中、ゴール前でも伸び続けていた好内容。

ミッキーアイルの下になりますが、こちらはマンハッタンカフェ産駒なので距離の融通は効きそうですね。

また過去2年、東京芝・1800mに出走したマンハッタンカフェ産駒62頭中11頭が1着という非常に高い勝率を残している事も好材料。

初の関東輸送がどうかですがクラシックに向けて超えなければならない壁ですし、好時計を出している調教を見ても態勢は整っていると見ます。

 

 

 

出走頭数が少なくなりそうではありますが、良血馬や実績馬が揃う1戦。

だからこそ、今回は荒れる要素が少ないと見ていますがいかがでしょうか。

個人的には小点数の3連系の馬券でキッチリと利益を出したいと考えています。

 

それでは今回の記事の最後に現時点での穴馬を発表して締めたいと思います。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

中間の攻め内容も良く、馬体も弾けんばかり

東京コースでの好走歴がプラスに働けば3着は有ると見ています。

 

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。