京都記念2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

今週からは東京、京都に小倉を加えた3場開催が始まります。

土曜日は東京競馬場で3歳牝馬の重賞『クイーンカップ』

日曜日も東京競馬場で3歳重賞の『共同通信杯』

京都で『京都記念』

と重賞も3レースが組まれています。

京都記念では昨年のダービー馬マカヒキの復帰戦。

鞍上は短期免許で来日のライアンムーア騎手です。

 

もちろん当ブログでも3重賞全てをキチンと考察し

的中の手助けが出来る様に尽力してまいります!!

 

【PR】『確実』に発生する高額万馬券!!

【PR】『年収』を稼ぐ競馬投資・高配当
 
さて今回の記事では個人的に今週の重賞の内、最も力が入っている京都の展望を

していきたいと思います。

 

今年は登録時点で11頭と少し寂しさは有るものの、

話題の中心は昨年のダービー馬マカヒキの参戦でしょう。

昨年の凱旋門賞から4か月。始動戦をココに選びました。

短期免許で来日するライアンムーア騎手が鞍上に決まっている事から

人気も相当なものになると予想されます。

 

しかしながら京都記念では、ここ4年で1番人気の馬が馬券外に負けているという事実も有り、

一筋縄ではいかない重賞である事も事実。

好走率の高い4,5歳馬に素質馬が集まっている事からも精査が必要になってくるレースだと思います。

今後は、どの様なローテを組むのかはわかりませんが、今年は国内でもキタサンブラックやサトノダイヤモンドなどの強豪と渡り合っていかなくてはならないので、個人的にはココを解消して競馬を盛り上げていってほしいと思っています。

 

 

 

先週の重賞回顧

 

今週の重賞考察の前に

先週行われた2つの重賞に関して振り返りたいと思います。

 

東京新聞杯2017

印はこちらでした。

◎ロイカバード

〇ヤングマンパワー

▲マイネルアウラート

☆エアスピネル

△2 6

 

買い目はこちらでした。

【馬連流し】

◎―印

【5点】

不的中。

 

本命のロイカバードはスタートが良くなく最後方から。

そこまでは良かったのですが、ペースが極端に遅く

先行勢に32秒台で上がられてはお手上げ。

無理をせずにレースを終えられたのは良かったのではないでしょうか。

 

1着ブラックスピネル

極端なスローペースを読んで逃げを選択したデムーロ騎手のファインプレー。

もちろん馬も強かったのですが今回は騎手の戦法のお陰と言って良いでしょうね。

しばらくマイル路線は主役不在のまま混沌としていましたが、この4歳世代の中から主役級が現れるのではないでしょうか。

 

2着プロディガルサン

大幅な馬体増に休み明けとは言え菊花賞からの極端な距離短縮。

今回は静観が妥当だと思っていましたが、その考えは裏切られましたね。

中段から使った上りの脚は最速の32秒フラット。

マイルの切れ味勝負であれば世代最上位である事を証明して見せました。

今回のレースで最も今後が楽しみになった馬は当馬ですね。

 

3着エアスピネル

今回は折り合いが付いていたのは収穫。

そこを気にするがあまり、上り勝負の展開に巻き込まれてしまった感も否めませんが…。

一瞬の脚が持ち味の、この馬からすると今回は展開が向かなかったですね。

評価を下げる必要は無いと思いますが、どんどん買い方が難しくなってくる馬だということも事実。

 

 

 

馬券としては本命、対抗、単穴全てが沈んでいる時点で出る幕無し。

切り替えて精進します。

 

 

 

きさらぎ賞2017

印はこちらでした。

◎サトノアーサー

〇タガノアーサー

▲プラチナヴォイス

☆ダンビュライト

△スズカメジャー

△アメリカズカップ

 

買い目はこちらでした。

【3連単流し】

◎―○―印

◎―印―○

【10点】

(ランキング記載を8点と書き間違えましたが印通りで10点です。申し訳ありませんでした。)

不的中。

 

サトノアーサーが案外。

地力の高さで2着までは来ましたが、クラシックを取れるまでの凄みは感じる事が出来ませんでした。

本当に強ければ、この時期に既に馬場関係無く勝ち切る事が出来たはず。

この世代の主役は、まだ定まっていないと言って良さそうですね。

 

1着アメリカズカップ

個人的には抑えの抑えで買っていた程度。

大幅馬体減も気になりましたが道悪が相当合っていたようにも見えました。

賞金も十分ですので今後の選択肢が広がる勝利になりました。

 

2着サトノアーサー

賞金加算が出来たのは収穫でしょう。

今後は恐らくクラシックの前哨戦に進んでいくのでしょうが、今回の様な重馬場をこなせないようだと、春に向けては大きな弱点になってしまいます。

期待が大きいだけに本番までには対策が出来ると良いのですが…。

 

3着ダンビュライト

実績を見ても、もう一度左回りで見てみたい馬。

戦績を落としたところをNHKマイル辺りで個人的には買いたい。

 

 

サトノアーサー頭固定とタガノアシュラ2,3着の馬券でしたので、かすりもせず。

今回はベクトルが全く合わなかったと捉えて潔く切り替えます。

 

 

 

京都記念2017展望

 

それでは本題に入ります。

 

冒頭にも記載していますが今年の注目は何と言ってもマカヒキの参戦。

どうやっても、この馬を中心に今週は進んでいくのだと思います。

 

改めて登録馬を見ていきます。

 

昨年のダービー馬。凱旋門賞の雪辱を晴らすマカヒキ

前走、香港ヴァーズ勝利のサトノクラウン

前走、日経新春杯勝利のミッキーロケット

 

これらの馬を中心に

 

ガリバルディ、ショウナンバッハ、スマートレイア―、ヤマカツライデン

等の実力馬が参戦します。

 

 

それでは今回、最後に現時点での注目穴馬を記載します。

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

前走は案外でしたが今回は展開も向きそうですし

今の馬場にも合っていると思います。

 

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。