京王杯2歳ステークス2016とファンタジーステークス2016の予想・買い目記事を書いていきます。

 

やっと・・・と言うより、いつの間にか週末です。

 

メルボルンカップから始まり、JBCデーが有り、好きな人は北海道2歳優駿等も買ったのでしょうか・・・週末も4重賞が組まれていますし、日曜日の早朝にはBCフィリー&メアリーターフが有ります。

 

いや何というか、今週は流石に疲れました笑。

 

目まぐるしい1週間でしたが、このブログでは土日で中央競馬の4重賞を予想していきます。

 

的中、高配当を目指していきましょう。

 

本日は京王杯2歳ステークスとファンタジーステークスの予想・買い目を書いていきます。

 

考察、傾向に関しては昨日の記事を参考にしてください。

 

【京王杯2歳ステークス2016&ファンタジーステークス2016】予想見解

 

 

JBCデー回顧

 

と、その前に祝日に行われたJBCデーの結果を振り返りたいと思います。

 

3レース分有るので今回は結果と短評のみ掲載します。

 

JBCレディスクラシック

 

三連複フォーメーション

 

2 - 5 12 - 1 5 8 9 11 12 14

 

計11点

 

不的中。

 

ララベルの除外により急遽、買い目変更。個人的にもテンションダウン。

 

南関東フリークとしてはトーセンセラヴィが頑張ってくれてよかったです。

 

レッツゴードンキは今後、フェブラリーステークス等も有りえるのでしょうか。

 

JBCスプリント

 

3連単フォーメーション

 

2 - 6 - 1  5 10  12

 

2  –  1  5  10  12  –  6

 

計8点

 

不的中。

 

最内枠の不安を帳消しにして、理を最大に生かしたデムーロの勝ち。

 

JBCクラシック

 

3連単フォーメーション

 

9 -  7  8  –  6  7  8  13

 

計6点

 

4,230円的中!

 

アウォーディーが勝ったことによりチャンピオンズカップは更に混戦になりましたね。

 

コパノリッキーは、この敗戦で人気が落ちることはないでしょう。

 

ホッコータルマエは読み通り、ここが勝負でした。

 

個人的には前の2戦で負けていたので資金を増やして臨み、多くの儲けが出ました。

 

それでは本題に

 

京王杯2歳ステークス

 

いつもの如く、印の公開からしていきます。

 

◎コウソクストレート

〇ディバインコード

▲レーヌミノル

△モンドキャンノ

 

◎コウソクストレートは新馬戦の新潟と、その後3ヶ月空きのくるみ賞にて、左回りコースで後続にしっかりと差をつけて勝利している点が高評価。

 

実際、前走は同コースにて上り最速で突き抜けており馬券内というイメージではこの馬が一番合う。

 

戸崎騎手が継続で騎乗するのも好材料。

 

唯一、中一週がどうかだが馬体重の発表時に極端に数字の変動が無ければ問題ないはず。

 

〇ディバインコードも2連勝でここに挑む馬です。

 

違う競馬場で、違う勝ち方で勝利しており、先団に取つく足も持っていることからセールスポイントは安定感だと考えます。

 

今回の上位2頭は重賞、オープン勝ちの馬よりも500万下勝ちの実績を重視してピックアップしました。

 

▲レーヌミノル。先行して上りも使えるセンス、能力ともに抜群の馬です。

 

前走の様に圧倒的な勝ち方も可能だと思います。

 

しかしながら過去10年で牝馬は1頭しか馬券内に入っておらず、そこがネックで評価を下げました。

 

過去の、その1頭というのは2009年アニメイトバイオであり、同馬は既に同距離の勝利を経験済みだった事を考えると強くは推せない。

 

買い目はこちらになります。

 

三連複フォーメーション

 

11 - 8 9 13 - 1 2 3 4 6 7 8 9 12 13

 

計24点

 

ファンタジーステークス

 

こちらも印の公開を先にします。

 

◎モンロー

〇ブラックオニキス

▲ヤマカツグレース

△ドロウアカード

 

◎モンロー。前走ダート戦では相手関係も有ったのでしょうが、逃げて上り最速という秀逸な内容。

 

前々走の芝レースにしても3着に入っており内容も悲観するものではない。

 

このレースに好相性のクロフネ産駒

 

このレース得意の秋山騎手

 

勝ちきるまではどうかですが期待値の高さから穴軸本命。

 

〇ブラックオニキス

 

オープンレース勝ち馬で札幌2歳ステークス連対と、もう少し人気していても良いはず。

 

不安要素は洋芝でのみの実績と小さな馬体、城戸騎手というところでしょうか。

 

京都コースに関してはブラックタイド産駒なので気にする必要はなさそう。

 

若手騎手が継続騎乗を勝ち取るためにも意地を見せてほしい。

 

▲ヤマカツグレース

 

引き続き同コースで末脚が発揮できれば圏内の有力候補です。

 

鞍上も決め打ちで乗ってくるでしょうし突き抜けてくる可能性も有る。

 

△ドロウアカード

 

前走は展開が向いた感が有りますが、積極的に前に行くレースに期待。

 

 

このレースの傾向としては未勝利勝ちで挑んでくる馬の期待値がとても高いレース。

 

対して新馬勝ちの馬は複勝率、期待値共に低い。

 

ミスエルテが人気になるかと思われますが、データ・傾向からは推せない。

 

しかし本当に怪物であれば全てを覆す。

 

そこも含めて注目すべきレースです。

 

買い目はこちらです。

 

三連複フォーメーション

 

4 - 2 8 11 - 1 2 3 5 6 8 9 10 11 12

 

計24点

 

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。