マイルチャンピオンシップ2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

いよいよマイルチャンピオンシップの枠順が確定しました。

 

使用される京都芝1600mは2コーナー奥のポケット地点からのスタートとなります。

コースは外回りで最初のコーナーまでは700m程と長い為、先行争いが激化することは少ない印象です。

 

枠順による有利不利が少ないのが一般的で、それはマイルチャンピオンシップにおいても同様の事が言える傾向となっています。

 

コーナーが緩く広いコースでの競馬になるため、能力がダイレクトに反映される、紛れの少ないコースと言えるでしょう。

 

最後の直線も長い為、総合的に見て差し馬が有利なコースです。

 

今回は決まった枠順を踏まえて出走馬の考察を行っていきます。

 

マイルチャンピオンシップ枠順確定

 

1-1 ディサイファ(牡7、武豊・小島太)

 

1-2 サトノアラジン(牡5、川田将雅・池江泰寿)

 

2-3 スノードラゴン(牡8、大野拓弥・高木登)

 

2-4 ロードクエスト(牡3、池添謙一・小島茂之)

 

3-5 ヤングマンパワー(牡4、M.バルザローナ・手塚貴久)

 

3-6 ダノンシャーク(牡8、松山弘平・大久保龍志)

 

4-7 フィエロ(牡7、戸崎圭太・藤原英昭)

 

4-8 イスラボニータ(牡5、C.ルメール・栗田博憲)

 

5-9 サトノルパン(牡5、M.デムーロ・村山明)

 

5-10 マジックタイム(牝5、A.シュタルケ・中川公成)

 

6-11 テイエムタイホー(牡7、幸英明・鈴木孝志)

 

6-12 ウインプリメーラ(牝6、A.アッゼニ・大久保龍志)

 

7-13 ダコール(牡8、小牧太・中竹和也)

 

7-14 クラレント(牡7、岩田康誠・橋口慎介)

 

7-15 ネオリアリズム(牡5、R.ムーア・堀宣行)

 

8-16 ミッキーアイル(牡5、浜中俊・音無秀孝)

 

8-17 ガリバルディ(牡5、福永祐一・藤原英昭)

 

8-18 サンライズメジャー(牡7、四位洋文・浜田多実雄)

 

有力馬を内から見ていくとサトノアラジン、ロードクエストは外枠の方が自分の競馬に集中できた分、良くないかもしれません。

ヤングマンパワー、フィエロ、イスラボニータの真ん中内目を引いた馬たちは希望がかなったという印象。

前走逃げたネオリアリズムと外枠から気分よく逃げたいミッキーアイルは、前目に行きたい6枠2頭の出方も含めて展開を握る存在となりそうです。

 

過去10年の枠順の傾向

 

それでは考察に入る前にまずは過去10年の枠順・馬番の傾向を見ていきます。

 

1枠(1-1-1-17)

 

2枠(1-1-1-17)

 

3枠(2-0-1-17)

 

4枠(2-5-0-13)

 

5枠(1-1-0-18)

 

6枠(1-0-1-18)

 

7枠(1-1-4-23)

 

8枠(1-1-2-26)

 

馬番

1番 (1-1-0-8)

 

2番 (0-0-1-9)

 

3番 (0-0-1-9)

 

4番 (1-1-0-8)

 

5番 (2-0-1-7)

 

6番 (0-0-0-10)

 

7番 (1-3-0-6)

 

8番 (1-2-0-7)

 

9番 (0-0-0-10)

 

10番(1-1-0-8)

 

11番(0-0-1-9)

 

12番(1-0-0-9)

 

13番(1-1-2-6)

 

14番(0-0-0-10)

 

15番(0-0-2-8)

 

16番(1-0-1-8)

 

17番(0-1-1-8)

 

18番(0-0-0-9)

 

勝ち馬はどの枠からも満遍なく出ていますが、数字としては4枠の連対率が優秀です。

馬番で見ても7番が(1-3-0-6)と連対率40%、8番が(1-2-0-7)と30%。

内外、双方見ながらの競馬が好成績につながるといったところなのでしょうか。

 

そこまで気にしなくても良いとは思いますが、具体的に馬番だけで見ていくと7番フィエロと8番イスラボニータは更に好走確率が上がったと見て良いでしょう。

 

その反面、6番に入ったダノンシャーク9番に入ったサトノルパン14番に入ったクラレント18番に入ったサンライズメジャーは、それぞれ(0-0-0-10)の死に枠に入ったことになります。

いずれも穴目の馬ですが評価を下げることになりそうです。

 

枠順確定後の有力馬考察

 

枠順を加味した有力馬の最終考察を行います。

 

1枠1番 ディサイファ

過去10年(1-1-0-8)の最内枠ですが、この馬自体の1番枠の成績が(2-1-0-3)と好相性。

鞍上の武豊騎手もマイルチャンピオンシップ初制覇の際は1番枠と流れは向いた印象です。

近走も悪くないレースが続いていますので、当日の馬場状態も加味すると期待値が上がった1頭でしょう。

 

2枠2番 サトノアラジン

過去10年(0-0-1-9)と良くない馬番。

一般的には1枠2番というのは絶好枠なのですが、外を回して自分の競馬に徹することが好走条件だと思っていますので、スタート・道中・ラストの馬群の捌きと課題が多くなってしまいました。

あえて半歩位出遅れた方が競馬しやすいのでは、とすら思います。

 

3枠5番 ヤングマンパワー

過去10年(2-0-1-7)と初GⅠ出走で好枠を引き当てました。

競馬のスタイルからも内目の枠が欲しかったはずですしスタートを決める事が出来れば、一番理想の展開になりやすいのがこの馬なのではないでしょうか。

 

8枠16番 ミッキーアイル

過去10年(1-0-1-8)と悪くはありません。

この馬は外枠から揉まれずにスタートして先頭に立つ競馬がしたいはずなので、絶好枠が引けたと思います。

自分より内の前目に行きたい馬たちとの兼ね合い次第で頭まで有ると思います。

 

その他、イスラボニータとマジックタイムが中枠の偶数番を引けたのは好材料だと思います。

 

 

 

私はサイン派ではないのですが、常々JRAの枠番には注目しています。

意図的か否かは知りえない所ですが今回は2枠の『ドラゴン』『クエスト』に目が留まりました笑

 

最後に枠番確定後に評価が上がった馬を2頭発表します。

 

その2頭は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

双方、両極端ですが希望通りの枠番に入ったのではないでしょうか。

 

最終予想は当日に発表します。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。