マイルチャンピオンシップ2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

いよいよマイルチャンピオンシップ当日を迎えます。

 

週中は、もう少し馬場が悪くなる事も考慮して様々な見解を書いてきましたが、ここまでの状況を見る限り、どうやらそこまで極端に悪くなることはなさそうです。

 

しかし開催も進んできているのでパンパンの良馬場が合うタイプには良いとは言い難い状況でもあります。

 

ザックリ言うと時計は出ているがパワーが必要な馬場といった印象です。

 

土曜日の競馬を見て、ある程度傾向は見極めたつもりですので、しっかり的中に繋ぐことが出来るように予想していきます。

 

本題の前に土曜日の結果を書いていきます。

 

東京スポーツ杯2歳ステークス2016結果

 

公開した印はこちらです。

 

◎ムーヴザワールド 3着

 

○スワーヴリチャード 2着

 

▲トラスト 5着

 

買い目はこちらでした。

 

三連複フォーメーション

 

1

 

5 

 

3 5  8 9 10

 

9点

 

三連複 1,100円的中!

 

配当は低かったのですが、小点数で絞れたのは良かったです。

印を回さなかったブレスジャーニーに勝たれてしまいましたが、このレースでは完成度の差が出ただけという印象です。

将来的には、2・3着の2頭の方が有望ですが、着差を見てわかるように今回は、上位3頭が抜けていましたね。

 

ブレスジャーニー

前走の勝利は伊達ではなく、これで重賞2勝目。

この時期は完成度が高い馬が好走する傾向にありますが、この馬は現時点で既に完成形を迎えています。

恐らく次走は朝日杯でしょうか。

クラシックまではわかりませんが、良血馬に負けない走りを見る事が出来そう。

個人的には、こういう渋い血統は好きです。

 

スワーヴリチャード

まだまだ粗削りな印象ですが、今回は勝ちに等しい内容だったと思います。

ここで賞金を加算できたのは好材料だと思いますし、次走も期待できます。

 

ムーヴザワールド

本命に推したからというわけではなく、将来的に一番出世するのはこの馬ではないでしょうか。

道中も流れに乗れず、直線に入って追い出してからも中々エンジンが掛からない様に見えたため、下手すれば馬群に沈んでいくのかとさえ思いましたが・・・。

スピードに乗ってからの加速は素晴らしく、残り100m時点では『勝った』と思いました。

この後に経験を重ねてレースに慣れていけば、更に良いレースが出来るはず。

しかしながら賞金加算できなかった事は事実であり痛いので、次走での賞金加算が至上命題になりそう。

 

上位3頭の動向は今後も注目です。

 

 

 

それでは本題に入ります。

 

マイルチャンピオンシップ2016予想

 

まずは印を公開します

 

◎ヤングマンパワー

 

〇サトノアラジン

 

▲ネオリアリズム

 

△マジックタイム

 

 

 

◎ヤングマンパワー

過去10年で4歳馬は(3-5-4-25)。

馬券にならなかったのは2014年と2008年のみという事で、馬齢のデータとしては、かなり強力な要件に該当します。

そして今年、4歳馬はこの馬一頭のみ。

 

また前走、富士ステークス1着馬が出走してきた場合の成績は(1-1-1-5)とこちらもハイアベレージとなっています。

 

堅実に走る馬ですが今まで一度も一番人気が無く、常に妙味が有る馬ですし勢いの有る今に狙いたいです。

 

京都での初出走や輸送が心配されていますが、生涯で唯一の関西遠征をしたアーリントンカップ(阪神芝1600m)では低評価で有りながら解消していますので、個人的には全く気にしていません。

 

戸崎騎手からの乗り変わりは良いとは思えませんが、バルザローナ騎手自体は悪くないとも思っています。

 

買い時は今回。

 

〇サトノアラジン

前走は後方から上り最速での豪快な勝ち方。

 

前目で競馬して抜け出すイメージのヤングマンパワーと対比した時に少し届かないイメージがした分、評価を落としています。

しかしながら、その乗り方が悪いというわけではなく、この馬の能力を最大限生かすことが出来る方法で有るとも思いますので、腹を括って前走と同じような競馬をしてほしいです。

 

『GⅠだからロスなく乗りたい』『インを突かないと勝てない』という騎手心理が働く、もしくはそういった作戦が有った際には馬券外になる可能性も秘めていると思っているのですが騎乗4連続目の川田騎手ですので、そこは勝ってきた良いイメージのまま乗ると思います。

 

▲ネオリアリズム

過去9年では前哨戦が同じ馬は同時に馬券にはなっていません。

4歳馬の次に好走率の高い5歳馬かつ富士ステークス(ヤングマンパワー)スワンステークス(サトノアラジン)組以外からピックアップするとなるとミッキーアイル、マジックタイム、そしてこの馬。

実は、こんな単純な選定根拠だったりもします。

 

序列は馬券になった際の期待値順も加味しています。

 

しかしながら能力は疑う余地が無く、馬場や展開が有ったとはいえ前走はモーリス相手に快勝。

 

控えても競馬が出来る自在性も魅力ですし、展開を読むのが上手いムーア騎手とコンビを組むとなれば変な競馬にはならないはずです。

 

△マジックタイム

実際に重賞を制しているコンビという事も有り、ルメール騎手からの乗り変わりも特に問題ありません。

 

ダービー卿チャレンジトロフィーではロゴタイプと今回人気のサトノアラジンを差し切っていますし、京都重賞での連対も有りますので、実績は申し分なし。

 

買い目はこちらになります。

 

三連複フォーメーション

 

5

 

2 10 15

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14 15 16 17 18

 

計42点

 

点数が多いですが、人気薄が馬券内に入り配当が跳ね上がることを想定しての買い目です。

手を広げてでも的中を狙います。

 

あと余裕が有る方はココ ⇒【マイルチャンピオンシップ2016】好走傾向

 

で書いた、『10番人気以下が入着する年は必ず前走1着馬が2頭馬券になる。』を利用して組んだ馬券を買ってみてください。

 

三連単二頭軸マルチ

 

2-5-(10人気以下)

 

私は三連単のマルチを少額ですが買っておきます。

 

最後に確率は高くないですが、期待値の高い馬を1頭公開します。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

それでは日曜日も競馬を楽しみましょう。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。