フェブラリーステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

前回は好走データ・傾向に合致する馬を中心に考察を行ってきましたが、それらに該当するのは1番人気濃厚でありながらも、乗り変わり、追い込み一手と信頼は置けないカフジテイクやベストウォーリア、サウンドトゥルー、コパノリッキーといった高齢馬の面々。
現時点では絶対的な『買い』の根拠に乏しいというのが本音です。
今回はデータ的に次点評価にはなりますが、馬齢の若い馬を中心に考察していきたいと思います。

 

 

????????????????????????????????????

PR】『確実』に発生する高額万馬券!!

【PR】『年収』を稼ぐ競馬投資・高配当

【PR】『無料』で毎週あなたに的中をお届け

 

 

今週はNHKではプロフェッショナルという番組でオグリキャップがフォーカスされ

私が良く見るWEBサイトのnetkeiba.comではメイセイオペラの企画が組まれています。

どちらも興味深く拝見させて頂き、地方競馬の熱、想いが詰まった記憶に触れる事が出来ました。

 

最近ではJRA重賞へ地方馬の挑戦は有るものの勝ち負けするレベルとなると、これはもうハッキリ言って論外。

交流重賞で地の利を生かして、何レースかに1回ようやく馬券内に入るのがやっとというレベルでしょうね。

(ソルテやハッピースプリントなどは頑張っていると思いますが…。)

 

また、少し遡るとフリオーソアジュディミツオー辺りが中央に対抗できた存在になるでしょうか。

特にフリオーソの場合は、デビュー当時から好きで何回も南関東の競馬場に見に行きましたし2011年のフェブラリーステークスで東京競馬場に来た時にはレース当日の朝から興奮が収まらなかったものです。

スタートでは出遅れ、いつもの様な先行ポジションでの競馬が出来ず、半ば諦めかけていたところに後方からの上り最速での末脚。地方馬の中央競馬に対する意地を見せつけてくれた1戦でした。

 

中央の競馬が偉いとは言いませんし、個人的にも大井や船橋の競馬場が好きですが、だからこそ、そこだけで終わってほしくはありません。

中央の馬が来たら返り討ちにしてほしいですし、中央のGIに参加したら勝ち負けしてほしいと思っています。

地方競馬の集客や馬券の売り上げが増やせる、地方競馬のスター出現を待ちわびています。

 

来月から私の好きな南関東競馬では、3冠戦が始まります。

昨年の東京ダービーを制したのは中央から移籍初戦のバルダッサーレでした。

私も当日は現地で観戦していましたし様々な意見が有るのも知っていますが、

地方の競馬が弱いから、そんな使われ方で勝たれてしまうといった感想を持ちました。

こんな悔しい思いは二度としたくない。

今週は、そんな事を思い返しながらの1週間となりそうです。

 

 

 

予想オッズ

 

それでは、本題に入ります。

今日は、まず現時点での予想オッズを見ていきたいと思います。

フェブラリーステークスオッズ

やはり前走、重賞で好走している馬と実績馬が上位になるようですね。

個人的に盲点としては昨年の武蔵野ステークスでカフジテイクに先着しているゴールドドリームと思っていましたが意外なほどに人気をしている…と言うよりもみんなが同じことを考えてしまっているパターンですね苦笑

今回は上位拮抗ですし主観では10番人気程度までであれば十分に頭が狙えるメンバー構成になっています。

こういう場合は、逆にある程度上位で決まっても買い方次第で大きく回収できるので、妙味を狙った馬券にしていきたいと思います。

 

 

 

登録馬考察(後編)

 

それでは本題に入り今回も各馬の考察を行います。

 

モーニン

東京ダート(4-0-1-1)

昨年は初めてのGI挑戦で、いきなりの戴冠を果たし超新星の誕生に湧きましたが、それ以来勝ち星が無く苦戦が続いている状態です。

中間にはフレグモーネを発症したとの情報もあり状態に関しては半信半疑でしたが、フォトパドックで確認する限り、見た目では影響が全く分かりません。むしろ前回よりも良い様に見えますし、この時期にも関わらず充実した馬体であることが伺えます。

1週前追切でも坂路で51秒9―24秒2-12秒1ですから数字の上でも出来が上向いている事がわかるのではないでしょうか。

昨年のチャンピオンホースで連覇の資格を持つのは、この1頭のみ。

59㎏を背負っていた前々走を度外視すれば、東京コースでの実績からは見直さなければならない。

鞍上ライアンムーア騎手というだけで人気してしまう点が、ある意味で懸念材料でしょうか。

 

 

ノンコノユメ

東京ダート(4-1-1-0)

続いては昨年の2着馬ですが、去勢した影響が出ているのか、こちらも近走では不振が続いています。

元々、馬体が大きくない馬なので古馬になってからの大きな上積みを望む方が酷なのかもしれませんが、今回はそのような状況の中でも馬体が回復して、復調ムードを漂わせています。

東京大賞典以来のレースとなりますが、乗り込み量は豊富ですし、普段は攻め駆けしないものの今回の調教では力強い様子が見て取れるので態勢は整っていると見て良いのではないでしょうか。

 

 

ゴールドドリーム

東京ダート(2-1-0-0)

前走はイレ込みが有った様で、ゲートの出が今一つ。そこから前に行くも先行勢には厳しい流れに巻き込まれてしまったのだから大敗は致し方ないとも取れます。距離も1ハロン長かったのではないでしょうか。

今回は実績十分の東京ダートマイルに変わるため、ここ一本に絞った調整をしてきた模様で、中間は『ノーザンファームしがらき』に放牧に出ししっかりと乗り込んできたようです。その後の1週前追い切りの様子を見ても坂路で52秒1-37秒8-12秒4と状態が上向いている様子が伺えます。

また安易な考えかもしれませんが前々走の武蔵野ステークスでは今回、人気するカフジテイクよりも0.2秒差先着していますので、どちらを買えば妙味が有るのかは火を見るよりも明らかだと思われますがいかがでしょうか。

 

 

ホワイトフーガ

東京ダート(1-0-0-1)

2015年、2016年とJBCレディスクラシック連覇を含めて交流重賞は5勝。

3歳でオープンを勝って以降は掲示板を外したのは昨年のフェブラリーステークスのみですし、それ以降は常に牝馬には酷な斤量を背負わされながら(2-1-1-1)

今回と同じ左回りの川崎マイルで2勝しているというのも好材料です。

現時点で同斤量であれば牝馬同士で敵は居ないと言っても過言ではない存在であるように思えます。

またムラ駆けする馬ですが3歳時には、次走チャンピオンズカップで優勝するサンビスタを1.1秒ちぎる大激走を見せているように、能力自体は相当なもの。

そこを基準とすると今回も通用しない道理は無いですし、斤量からも解放される今回は通用しても良さそうです。

関東馬、牝馬と大きな不安要素を抱えた馬ではあるものの、それ以外はデータ・傾向でパーフェクトであることも事実。

他に確固たる馬が居ないのであれば必ず馬券に加えるべき一頭だと思っています。

 

 

実はこれだけ書いてきたものの、未だ明確な軸馬を決め切れていないのが本音です。

やはりコースもコースですので枠順が決まってから、各々を上げ下げしていく作業が必要となってきそうです。

とは言うものの記事としてまとめなくてはならないので、今回の記事の最後では本日考察した馬の中から枠順に関係なく馬券に必ず加えたい馬を発表して締めたいと思います。

 

その馬は ⇒人気ブログランキングへ

 

この馬が絡めば高配当が狙えますし、その可能性は低くないと思っています。

 

【必見】フェブラリーSを勝負するのに抑えるポイント

田岡です。今回は原稿をお借りしてPRにやってきました。

ついに!2017年最初のG1が近づいてきました!!
フェブラリーSです。やはりG1はテンション上がりますね。

フェブラリーSで勝つために抑えておいて欲しいのがSiteという競馬予想サイトです。

名前を知っている人も多いと思いますが、昨年から絶好調を今年もしっかり継続しています。
おかげで私の財布も絶好調ですw

当然、先週も・・・

スペシャリスト5 特別複合情報
02月11日京都7R 4歳上500万円以下
30点/各1000円投資
三連単:3-11-4 的中 159,600円

重賞請負人 G氏
02月11日京都11R 洛陽ステークス
12点/各2000円投資
三連単:3-6-5 的中 127,600円

キャンペーン情報
02月12日小倉3R サラ系3歳未勝利
20点/各300円投資
三連単:5-6-7 的中 2,443,920円

計8レースで的中!!凄いとしか言えませんw

Siteではいろいろなキャンペーンが開催されているのですが・・・
このキャンペーンが激アツです。
魅力はケタ違いの配当!!先週は圧巻の200万オーバーです。
最近、私は参加できるキャンペーンは全て参加しています。
売り切れてしまうこともあるようなので早めにチェックしておきましょう。

 

そんなSiteですが、今週はフェブラリーS(G1)の買い目公開が決定しているようです。
2017年最初のG1は何とか勝ちたいところ!Siteを使って盤石の体制で臨みましょう!!

>フェブラリーSの予想もSiteにお任せ!

(メルアド登録のみで無料で予想を見ることが出来ます)

 

ある競馬データを使うだけで、

アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。