チャンピオンズカップ2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

今週はチャンピオンズカップが行われます。

チャンピオンズカップは2014年に日本最高峰のダート競争とするべく、ジャパンカップダートから名称変更され国際レースとして新設されました。

 

舞台は中京競馬場・ダート1800m。

直線が長く起伏も大きいことから、スピードとパワーが求められる、頂上決戦に相応しいコース形態となっております。

今年は事前に米国馬2頭の登録が有ったものの、残念なことに回避。

ダートの外国馬はジャパンカップ以上に能力比較が難しいので、予想する側としては助かりましたが、そういった悩ましい時間を過ごす楽しみを奪われた感も有ります。

 

また、どうしても前評判が高くなってしまう芝レース組の参戦も有りませんね。

 

今回は純粋に日本ダート馬の頂上決戦となりました。

ダート路線は、ある程度ローテーションが決まっており力関係も決まってしまっている印象も固まってきてしまっている印象も有りますが評価を落としている実績馬や、評価を低く見積もられている上り馬が馬券になるのが、このレースです。

 

高配当が狙えるレースですので1週間を掛けて精査・考察して的中を目指します。

 

 

 

突然ですが・・・。

忘年会シーズンですね笑

私も有りがたいことに既に忘年会のお誘いを何件か頂いています。

年末という事も有り、仕事も立て込んで休みがほとんど取れない中に無理やりスケジュールを詰め込んでいますので、体力が持つかどうか・・・。

(社会人には仕事の延長線上のような楽しくない飲み会も有りますしね苦笑)

 

体調管理も難しい季節ですが、気合を入れて年内駆け抜けたいと思います。

 

競馬が当たれば飲む酒も断然美味しいはずです!

(当たらなくても飲みますがね!)

残り4週、頑張っていきましょう。

 

 

 

ジャパンカップ回顧

 

チャンピオンズカップの考察の前に日曜日の回顧をしたいと思います。

 

公開した印はこちらです。

◎リアルスティール 5着

○レインボーライン 6着

▲シュヴァルグラン 3着

△ゴールドアクター 4着

△キタサンブラック 1着

 

買い目はこちらでした。

【三連複フォーメーション】

16

14 17

1 2 3 4 6 7 8 9 10 11 12 14 15 17

25点

不的中

 

週中に延々と言い続けていたように、キタサンブラックがタップダンスシチーしましたね苦笑

1枠1番1番人気1着と『終わってみれば、やっぱり・・・』という結果ではあるものの、素直に買えなかった私の負けです。

結果的にG2からの臨戦馬で1~4着まで独占。

精査した傾向がほぼ機能しませんでした。

申し訳ありません。

 

キタサンブラック

抜群のスタートを決め終始マイペースで逃げ切りました。

直線での2段階目のギアを見せた時は流石の一言。

逃げても番手でも、右回り左回り、コース、馬場問わず1800m~3200mまで・・・。

現時点で現役最強馬と言っても過言ではないのではないでしょうか。

適性としては次走の有馬記念の方が上と見ていましたので、年度代表馬に向けて視界良好ではないかと思います。

ちょっと逆らえませんね。

 

サウンズオブアース

これでGⅠでは3回目の2着。

生涯では8回目の2着です。

とは言え馬自身の能力の高さと、デムーロ騎手のここ一番での勝負強さが光りましたね。

次走、有馬記念なら今季3走目。

今回がメイチだった感も有りますが期待の方が大きいです。

 

シュヴァルグラン

サウンズオブアースとは枠の差だけ、という印象です。

勝ち馬の作ったペースには屈しましたが反面、この馬の強さが際立ったレースでもありました。

まだ4歳ですし成長力も有るはずですので来年以降も期待大ですね。

言い訳がましいですが、この馬だけでも評価通りに走ってくれてよかったです。

 

ブログ執筆を始めてから重賞は、ほとんど公開していますが的中しても低配当のレースがほとんどです。

読者の方も増えてきて、せっかく時間を割いて見ていただいているのに納得のいく的中を見せられず悔しい思いが続いています。

今年も残り4週間ですが最終月の12月くらいは大きな的中を提供できるように精進します。

 

 

 

チャンピオンズカップ展望

 

それでは本題に入ります。

 

今年も多くの実績馬が揃ってはいるものの、登録馬を眺めると近年と比べて一気に平均馬齢が若くなった印象が有ります。

ダート馬は高齢になっても息長く活躍できますが、ダート界の新陳代謝と共に、レース質が変わってきているのかもしれません。

単純にイコールではないですが、馬齢が若い馬が活躍しているという事は、よりスピードが求められているという考えも出来ます。

 

若く勢いの有る馬が勝つのか

歴戦の実績馬が勝つのか

 

そういった点も含めて考察を深める必要が有りそうです。

 

 

 

登録馬は、やはり豪華ですね

 

ダートに変わって6連勝でJBCクラシックを制覇したアウォーディー。

GI/Jpn1を8勝。今年もJpn1を3連勝したコパノリッキー。

デビューから1度も馬券内を外していない3歳馬ゴールドドリーム。

近10走中9走で馬券内のサウンドトゥルー。

常に発揮される末脚の破壊力が魅力のノンコノユメ。

前人未到のGI/Jpn1での11勝目を目指すホッコータルマエ。

今年のフェブラリーステークス勝ち馬のモーニン。

米国3冠に挑んだラニ。

 

他、前哨戦を制したアポロケンタッキータガノトネールなど現在のダート界中心勢力が勢揃いしました。

 

1番人気はアウォーディーになるでしょうね。

 

それでは今回、最後に現時点での注目馬を記載します。

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

前走からの上積みは確実に有る1頭です。

 

次回は好走傾向について書きたいと思います。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
PR【GⅠ予想も無料で提供している予想サイト】

高梨です。原稿をお借りしてPRにやってまいりました!

皆さん!千葉テレビ・テレ玉でも番組を放送していて、

府中競馬正門前駅改札にも看板を出している!!!

【競馬スピリッツ】ってサイト、知ってますか?

あの有名な東スポの予想家の虎石晃さんを筆頭に、

血統評論家で活躍している栗山求さんも参加しているサイトです!

そんな競馬スピリッツの予想陣は、TV、新聞、雑誌など

多数のメディアに露出している予想家ばかりなんです!!

信頼度、精度、本気度はどこにも負けません!

「真面目で」「誠実で」「ピュアな」競馬予想。

それでいて、時には「トリッキーでユーモアな」穴馬予想で…

【あなたを驚かせて見せましょう!!!】

「って言っても実績はどうなの…?」

と思う方もいるかもしれませんが、実績もさすが!の内容!

【的中実績】

11月19日(土)

東京11R 東京スポーツ杯2歳S(G3)

▲○◎三連単8270円的中!

(栗山求)≪馬スピ特報≫

福島5R メイクデビュー福島

▲◎馬単2170円的中!

▲◎,◎○ワイド1290円的中!

(ハンターX)≪勝負レース≫

東京6R 2歳500万下

△▲◎三連単51000円的中!

(栗山求)≪勝負レース≫

☆★☆★☆★☆★☆★☆

11月20日(日)

京都11R マイルCS(G1)

△◎馬単3390円的中!

(栗山求)≪馬スピ特報≫

東京9R 赤松賞

◎複勝150円1点的中!

△◎馬単7450円的中!

△◎○三連複2540円的中!

(江戸川乱舞)≪勝負レース≫

東京4R 2歳未勝利

◎▲馬単1160円的中!

(栗山求)≪勝負レース≫

東京1R 2歳未勝利

○◎ワイド4810円的中!

(虎石晃)≪勝負レース≫

☆★☆★☆★☆★☆★☆

いかがでしょうか?

【今週の無料提供レース】

【無料】登録はここをクリックしてメルアド登録で完了です!

ゴールド会員での予想家の厳選予想も必見!

更に予想家に直接質問できる掲示板が面白い!

是非いちどお試しあれ!

まずは無料登録してみて内容をチェックしてみてくださいね!

【無料】登録はここをクリックしてメルアド登録で完了です!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。