ジャパンカップ2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

今週は、この秋の大一番ジャパンカップが開催されます。

ジャパンカップは日本最高賞金額のレースであり

東京芝2400mのいわゆるチャンピオンコースで行われる古馬最強馬決定戦です。

 

創設当初は「世界に通用する強い馬づくり」が提唱され、いかにして海外の強い馬に対抗するかが論点だったようですが、過去10年の3着内馬の内29頭が日本馬という現状。

近年ではソレミアやデインドリームといった、その年の凱旋門賞馬も参戦していますが、レベルの高い日本馬相手という点とアウェイの環境では結果が出ていません。

しかしながら、11年前の勝ち馬は外国馬のアルカセット。

その時のレースレコードは未だに破られていません。

 

過去、10年で外国馬の活躍は有りませんでしたが、10年一周期と考えると、今年は外国馬の活躍が有っても良いとも思っています。

 

配当的には過去10年で1番人気が3勝、6連対と絶対視するほどの信頼感が無いことから、高配当を狙えるレースでもあります。

 

外国馬が買えるのか、1番人気の信頼度はどの程度か、穴馬の台頭は有るのか・・・。

1週間を掛けて精査していきたいと思います。

 

 

 

マイルチャンピオンシップ2016回顧

 

本題の前に日曜日に開催されたマイルチャンピオンシップの回顧を行います。

 

公開した印はこちらです。

◎ヤングマンパワー 16着

〇サトノアラジン 5着

▲ネオリアリズム 3着

△マジックタイム 8着

 

公開した買い目はこちらです。

 

三連複フォーメーション

5

 

2 10 15

 

1    2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 14 15 16 17 18

 

手広く購入したのも、軸馬も検討違い

全く予想になっていません。

申し訳ありませんでした。

 

ミッキーアイル

週中の逃げ宣言通り、スタートから先手を取って一度も先頭を譲りませんでした。

400mの距離延長も、その経験があったからこその逃げ切りが叶ったという印象です。

これでGⅠ2勝目。

期待が大きかっただけに、長いトンネルを抜けたというところ。

今後の路線がどの様になるのかは、わかりませんし、これ以上の上積みも難しいでしょうが、まだまだ頑張ってほしいところです。

 

イスラボニータ

レースには審議が有りましたが上位に優先馬の中では唯一と言っていいほど不利を受けなかったのがこの馬。

もちろん、それもこの馬の能力と綺麗に乗るルメール騎手だからこそ結果。

一時期の不調は抜け出した印象です。

もちろん2000mまでは守備範囲なので来春の大阪杯で見たい1頭でもあります。

 

ネオリアリズム

道中2番手で進めたことから、結果的には行った行ったの結果でしたが、条件が合っていたとは言えないので、この馬の能力が高かったという事。

鞍上のライアンムーアもペースの乗り方も含めて非常に上手く乗っていたと思います。

 

本命のヤングマンパワーは輸送のせいかマイナス12㎏が響きました。

パドックでも良く見せませんでした。

データで補えないのが当日の状態ではありますが、これは負けすぎ。

この反省を生かして次週に繋げたいと思います。

 

 

 

ジャパンカップ2016展望

 

それでは本題に入りたいと思います。

 

天皇賞・秋の終了後にはモーリスの参戦も噂されましたが結局、香港へ行くことになりました。

 

また今年は外国馬の登録は3頭。

バーデン大賞勝ちのイキートス

カナディアンインターナショナルS勝ちのイラプト

オイロパ賞勝ちのナイトフラワー

 

各々、今年のGⅠを勝っている実績馬です。

冒頭にも書きましたが、この中から馬券内に好走する馬は居るのでしょうか。

 

対する日本馬の登録は

天皇賞・春の覇者、キタサンブラック

今年GⅡ2勝、昨年のグランプリホース、ゴールドアクター

長距離では安定した成績の、アルゼンチン共和国杯を勝って参戦するシュヴァルグラン

今年の皐月賞馬ディーマジェスティ

ドバイターフ1着、天皇賞・秋2着のリアルスティール

 

他、ルージュバックレインボーラインなど世代を問わず多方面から実績馬が集いました。

 

正に古馬最強決定戦の名に恥じない一戦になりそうです。

 

その中でも現時点での私の注目馬を書いておきます。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

実績は劣りますが、この馬は有る傾向に当てはまる一頭。

その傾向に当てはまるのは今回は3頭で、内1頭は人気馬。

妙味があるのは、人気薄の2頭の内のこちら。

 

次回は、その傾向も含めてジャパンカップの好走傾向を考察していきます。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。