シルクロードステークス2017の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

前回のシルクロードステークスに関しての記事では ⇒【シルクロードステークス2017】好走傾向を紐解く

好走要件を考察しました。

今回は、その好走要件に合致する馬を中心に登録馬考察を行っていきます。

 

 

登録馬考察

 

本日は早速、本題に入り有力な登録馬の考察を行っていきます。

 

ネロ

京都芝1200mは前走こそ勝利したものの(2-0-0-5)と意外なほど苦戦している舞台。

前走は京都得意のバルザローナ騎手に導かれ圧勝の逃げ切りとなりましたが、能力は認めるものの展開が最高に向いたことも否めません。

今回はトップハンデ、1番人気、他にも前に行きたい馬が揃いも揃った状態と

全くもって楽な展開になるわけはないので、そこが懸念材料となる事でしょう。

鞍上の浜中騎手も今年ココまで1勝(勝率2.4%連対率11.9%)ですので、信頼度は更に下がります。

実績と能力が上位である事は理解していますが、はっきり言って危険な人気馬と言って良いのではないでしょうか。

 

ソルヴェイグ

洋芝が良いタイプと思っていましたので、前走の激走には驚きました。

1400mにも実績が有る事からスプリント戦では底力勝負になる展開の方が向いているという事だと思います。

そうなってくると、よりスピード能力が求められる京都芝1200mへの適性には疑問符が付くところです。

また前回も書きましたが4歳馬の成績は(1-1-0-30)、当日2番人気以下で(0-0-0-24)ですので、あまりにも高い壁。

入着したロードカナロアやレディオブオペラと比べてみると、その資格が有るか否かは明確ではないでしょうか。

 

ダンスディレクタ―

昨年は57㎏で制していますのでトップハンデ57.5㎏はしょうがないところ。

またキャリア6勝の内5勝を挙げる京都コースましてや芝1200mは(2-1-0-0)ですので、ココを目標に仕上げてきたことは明確かと思われます。

しかしながら7歳馬は(0-2-1-29)で好走率は低く、ネロと同様57.5㎏の斤量は(0-0-0-4)

適性は抜群ですがデータ的には拾えないとなると、個人的には嫌いたい馬になりますがいかがでしょうか。

 

セイウンコウセイ

では、こちらの4歳馬はいかがでしょうか、という事になります。

連勝で挑むココでは調子が悪いはずも無く力は出せる状態にあると思います。

前々走がフロック視されてか前走も、そこまで人気は有りませんでしたが実績馬達を相手に完封する強い競馬。

間違いなく実力は有ると見ていいと思います。

3走前の大敗したレースを見ると休み明けとプラス16㎏が響いた様子。

それさえなければ(強引ですが)4連勝だったわけですから

4連勝で淀短距離ステークスを勝ったレディオブオペラの臨戦過程には酷似する。

名スプリンターになる可能性を秘めた1頭と見ていますので他の4歳馬と比べて上位の評価をしたいと思っています。

 

セカンドテーブル

夏から休むことなく走り続けていますので、お釣りが有るのかが心配ですが

淀短距離ステークスの上位人気馬、上位入着馬はシルクロードステークスへの臨戦過程としては申し分ない。

前走に続き武豊騎手であれば、もっと人気したのでしょうが鞍上は水口騎手。

鞍上の知名度で人気落ちすることが多い馬ですが、人気よりも順位を上げてくることの方が多く、

セカンドテーブルの水口騎手騎乗時における複勝回収率は174%

失礼ながらGIでは用無しで有るのは明確ですので狙うので有れば今回。

 

 

 

今回は上位人気馬を中心に考察してきましたが、どの馬も一長一短。

その理由は各馬の脚質にも起因しています。

そうなると、気分的には中段やから無難に差してくる馬を探したくなりますが

先行勢にも後方勢にも同型が揃っているからこそ、

自らの能力を全開に出来る馬に勝機が有ると見ています。

そこでポイントになってくるのが(コース的にも)枠順。

最終的には枠順を加味して本命候補を挙げたいと思います。

 

それでは今回の記事の最後に現時点での穴馬候補を挙げたいと思います。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

同型は多いですが何が何でもの馬は、この馬でしょう。

4戦3連対のコースで叩き2戦目。

能力全開であれば面白いと思っています。

 

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。