クイーンカップ2017の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

今回は東京競馬場で行われる

3歳牝馬重賞、クイーンカップ2017の予想をしていきます。

 

 

クイーンカップは東京芝1600mで行われる3歳牝馬限定のマイル重賞。

牝馬クラシックへと続く3歳牝馬重賞路線の一つとして行われており、過去10年の優勝馬の中から牝馬クラシックを優勝した馬はいないものの、連対馬のメンツを見ると錚々たる顔ぶれ。

リトルアマポーラ、ホエールキャプチャ、ヴィルシーナ、ミッキークイーン、メジャーエンブレム…。

その後のGI戦線で活躍する馬が後を絶ちません。

この時期の牝馬としてはタフなコース、小細工の効かない舞台で好走する下地が有る馬は、今後の展望が明るいという事でしょう。

 

今年の登録メンバーは22頭。

この中に未来のGI馬が居るのか否か。

そういった点でも注目すると面白いレースだと思います。

クイン
PR】『確実』に発生する高額万馬券!!

【PR】『年収』を稼ぐ競馬投資・高配当

 

買うべき馬券種

 

それでは予想に参ります。

クイーンカップの配当傾向から、買うべき馬券種を考察していきます。

 

年/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)

2007年/ 910円・ 1250円(3-1-2)

2008年/ 2990円・ 8580円(1-8-4)

2009年/ 1730円・15770円(4-2-8)

2010年/ 6240円・ 6970円(1-10-2)

2011年/ 2620円・ 6440円(2-5-4)

2012年/ 810円・ 4580円(2-1-6)

2013年/ 2340円・1260円/7270円(4-3-2/8)

2014年/ 480円・ 1620円(1-3-5)

2015年/ 1730円・ 2700円(2-3-1)

2016年/ 1350円・ 6160円(1-7-6)

 

1番人気(4-2-1-3)

この時期、ましてや牝馬限定重賞としては堅実な数字と言えるのではないでしょうか。

配当も固い傾向に有り、過去10年では3連複でも万馬券越えは1回のみ。

極端に固く収まる事は少ないものの、イメージよりも固く収まる事は事実。

大振りするのは危険で、上位人気を軸に据えて、素直にそこから流すのが良さそうです。

期待値を考えると馬連を狙うのが効率が良いですが、全体的に的中率と配当のバランスを考えると好んで手を出すレースではないというのが本音。

 

 

好走傾向

 

フェアリーステークスの好走傾向を見ていきます。

 

単勝4番人気以内(10-6-6-18)

関西馬で当日3番人気以内(2-1-3-3)

前走、阪神JF(3-4-3-13)

前走オープン以上、4着以内(7-3-4-21)

前走オープン以上、2番人気以内(4-0-4-13)

前走500万下1着(3-1-0-11)

前走1600m(8-9-9-83)

前走2000m(2-0-0-5)

前走、人気ブログランキングへ(2-1-0-1)※唯一の着外も4着

 

 

データを絞ると好走する馬が限られてきますね。

これらを基に、独自の分析方法で好走馬をピックアップします。

 

 

 

好走傾向合致の登録馬考察

 

アドマイヤミヤビ

未勝利、500万下と連勝。

前走は牡馬混合の百日草特別で後に京都2歳ステークスを制するカデナを下している事からも能力に疑いの余地は無し。

唯一の不安材料を挙げるとすれば、スピードに勝った展開になった時に、どうかという点と上級条件では好走するも中々勝ちきれないハーツクライ産駒であるという事くらいでしょうか。

当日3番人気以内の関西馬(2-1-3-3)にも確実に該当するでしょうから、ここは軸候補として見ています。

中間は『ノーザンファームしがらき』へ放牧に出しリフレッシュも兼ねての外厩調整。

帰厩後はCWの3頭合わせで高時計を計測するなど状態も万全だと見て取れます。

ルメール騎手の継続騎乗という点も良い。

 

フローレスマジック

前走のアルテミスステークスでは、後に阪神JFで2着するリスグラシューに負けはしたものの、後続には0.6秒差を付けておりパフォーマンスと残した成績の価値の高さは相当なもの。

今回も同コースでの競馬になりますので前身が可能です。

前走で12㎏減っていた馬体が懸念されますが中間、放牧に出したことにより回復出来たようで今回は前走から間隔も空いているので万全の態勢で臨むことになりそうです。

ラキシス、サトノアラジンの全妹という背景の馬ですから陣営としても走らせなければならない馬でしょうし、ここは戸崎騎手への乗り変わりで勝負気配も高いと見ています。

 

レーヌミノル

小倉2歳ステークス1着、京王杯2歳ステークス2着は実績最上位で

前走の阪神JFも距離への不安が有ったものの3着と健闘。

世代上位の能力を証明する結果となりました。

今回は、坂路中心での調整となっている事から、個人的に今回は懐疑的。

現状で既にクラシック出走可能な賞金を持っている事から、クラシックまでに状態を完璧に持っていくためにも、今回は仕上げてこないのでしょうね。

仕上げていなくても好走する可能性は大いにあるものの、キレ負けするタイプでもありますので、今回最も扱いが難しい一頭と見ています。

 

アエロリット

今回唯一の人気ブログランキングへデータ合致馬。

休み明けの前走は馬体が増え、レース自体も淀みない流れの中を2番手追走、先行勢は壊滅的でしたが、それでも2着に残していますから能力は高い。

中間は『ノーザンファーム天栄』での外厩調整。

今回は馬体も絞れていますし、状態面の上積みも十分。

上位陣が後方脚質の馬が多いので展開面も向くのではないでしょうか。

横山騎手がデビューから4戦連続で騎乗していますので素質の高さを感じている事も伺えますね。

 

 

 

ここまで好走傾向合致馬に対して考察を行ってきましたが

想定人気は1~4番人気。

恐らく、このレースは固い決着になると見ていますが

その他、2勝馬の連対率が高いレースですので

アルテミスステークスで出遅れ、まともな競馬にならなかったトーホウアイレス

前走500下を快勝したスズカゼ

この辺りの精査を最終予想までに進めたいと思います。

 

ある競馬データを使うだけで、
アホみたいに的中を量産させる

もはや予想の必要がなくなる

↓   ↓   ↓

新しい競馬攻略法が完成しました
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

↓ おったまげる程の成績 ↓

※無料で使えます※
これさえあれば競馬予想は必要なし!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

なぜなら、

・競馬データを見て条件にはめるだけで、
 レース、買い目1分足らずで絞れます。

・その上、的中の精度は異次元のものです。
 馬単なら50%以上的中させる事ができます。

・また、誰がやっても同じ結果になるので、
 予想が失敗するリスクは0

・更には、穴馬も捕える事ができるので、
 10万、20万馬券はざらに的中可能です。
もはや、競馬予想ではなく、
ただただ的中を量産する作業といえるでしょう。

なぜ?馬単50%の異常な的中が出せるのか?
なぜ?競馬データでありながら穴馬が当てれるのか?
 ▽  その理由は・・・ ▽

  様々な情報を一つにまとめて、
  馬の強さを分析しているから。
これほど中身の濃い競馬データは、
どこにも存在しません。

買い目を出すスピードも成績も・・・

予想家や、その他の競馬データを
完全に圧倒しています。
しかも扱い方は簡単。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

競馬素人の方が実践一ヶ月目で
いきなり「24万円のプラス収支」を稼ぎ出したくらいですから。

この競馬データは、
『全ての競馬ファンによって必要なデータ』
使ってすぐにそう実感できるでしょう!

———————————————–
過去2年間の的中成績

三連単37.2% 馬単58.3%
ワイド81.9% 複勝93.2% 単勝83.3%

———————————————–
最高的中額

2016年1月9日(土)
京都1R
3連単 配当722,230

———————————————–

これまでの競馬データの類いのものとは、
『格が違う』事を証明しましょう。
▼ ▼ ▼

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。