エリザベス女王杯2016の予想を中心とした記事を引き続き書いていきます。

 

前回の記事ではエリザベス女王杯の好走傾向と必殺要件を記載しました。

 

今回の記事では、予想される上位人気馬の中から好走傾向に合致した馬を中心にピックアップしていき考察したいと思います。

 

予想オッズ

 

まずは現時点での予想オッズを見ていきます。

 

1 マリアライト 2.5

2 ミッキークイーン 2.9

3 タッチングスピーチ 5.3

4 クイーンズリング 7.0

5 パールコード 9.2

6 マキシマムドパリ 38.0

7 シュンドルボン 38.6

8 ヒルノマテーラ 40.6

9 シャルール 50.5

10 シングウィズジョイ 63.4

11 ウインプリメーラ 79.8

12 アスカビレン 103.1

13 デンコウアンジュ 116.6

14 プロレタリアト 125.3

15 メイショウマンボ 184.9

 

前回、記載した好走傾向に合致する馬を赤文字としました。

 

やはりGⅠ馬2頭が上位人気予想となっております。

 

2頭とも能力の高さは折り紙付きですが、得意な展開が全く違うので、どちらか一方が飛ぶことも想定して予想するのも有りだと思いますが、果たして。

 

また、もう一頭のGⅠ馬であるメイショウマンボは一度参戦したダートレースを除くと芝レースでは15連続で二桁着順となっております。

 

私自身とても好きな馬ですが、もうそろそろ・・・と思う気持ちも少なくは有りません。

 

今回はテン乗りの池添騎手が騎乗予定です。

 

新味が出ることを狙ってなのかはわかりませんが、兎に角無事に完走を祈るのみです。

 

登録馬考察

 

マリアライト

 

想定人気は1番人気。

 

今年は日経賞3着、目黒記念2着を経て、宝塚記念を制しました。

 

戦績からは重たい馬場や、上りの掛かる展開が得意なのは明確です。

 

週中の雨量は少ないようですが、先週までの競馬を見ていると、比較的上りが掛かるようになってきているので、この馬には向く状態になるのではないでしょうか。

 

典型的な叩き良化タイプで、良い意味でディープインパクト産駒らしくないのが特徴です。

 

今年は連覇が掛かる参戦で、前走オールカマー5着は昨年と一緒。

 

個人的にはオールカマーが物足りなかったのと、調教の動き出しが遅かったのが気になりますが、他に絶対的な存在もおらず、連勝して臨むような勢いの有る馬もいないため、この馬への信頼は揺るぎません

 

馬券への入れ方のポイントとしては1番人気での勝利が2年以上無いことでしょうか。

 

そもそもが能力の割に人気しないタイプで、常に妙味が有った馬なので、1番人気で挑む今回は正直手を出しづらいところですし、マークされる立場では騎手の乗り方も難しいのではないでしょうか。

 

連軸としての信頼度は高いですが、頭で買う事はないと現時点で断言しておきます。

 

ミッキークイーン

 

想定人気は2番人気。

 

10戦して9連対という驚異的な安定感の有る馬。

 

マリアライトに対してこちらはディープインパクト産駒らしい鋭い末脚が魅力。

 

京都の外回りは最も得意とするコース形態でしょう。

 

重箱の隅を突くとすると1点目は未勝利戦以降では牝馬限定戦での勝利しかなく、また古馬になってからは勝利が無いことです。

 

牝馬同士の軽い展開であれば力を発揮するが、牡馬混合戦や、底力が問われる展開では持ち味が出し切れない可能性が高いです。

 

もう1点は前哨戦が使えないことにより、ヴィクトリアマイルからの直行ローテになったことでしょう。

 

戦績自体が安定しているので、そこまで気にする必要は有りませんが、この馬のGⅠ2勝はどちらも前哨戦を叩いてからのもの。

 

近年は外厩を使用することにより、休み明けでもしっかりと仕上げられて出走する事が出来るようにはなっていますが、やはりぶっつけでのGⅠとなると不安の方が大きいです。

 

こちらも、この中では能力が抜けていますが、当日の馬体重や状態には注意を払いたいところです。

 

パールコード

 

想定人気は5番人気。

 

シンハライト、ジュエラー、メジャーエンブレム、チェッキーノ、そして秋華賞勝ち馬のヴィブロスと世代の上位陣が今回は出走しないため、3歳馬の筆頭格がパールコードになっています。

 

3歳馬の好走率が高いことも有って、当日は多少の過剰人気が有りそうです。

 

勝利実績としては500万下が最後ですが、GⅠ連対は好データですし、そもそも能力の低い馬ではGⅠ連対は出来ません(秋華賞のレースレベルが低かった可能性は高いですが・・・)。

 

またデビューから一貫して中距離を使われてきているため、2200mへの不安も無いことから2㎏軽い斤量を生かし、どこまで上位陣に迫れるかが課題となると思います。

 

好走傾向に合致した上位陣にも、それぞれ強調する点と不安点が混在するといった印象。

 

 

 

次回の記事では、その他の登録馬について考察していきたいと思います。

 

その中でも現時点で穴馬として期待しているのは

 

この馬です人気ブログランキングへ

 

昨年以降、勝利が有りませんが常に末脚を発揮するタイプで展開が嵌れば後方から突っ込んでくる可能性が高い。

 

ほぼ答えになりますが世代GⅠを完走するというのは、なかなか出来ることではなくエリートコースを歩んで来た事の証明になります。

 

全然人気は有りませんが、パールコードが上位人気になるのであれば、このオッズ差は非常に美味しいと言えます。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。