エリザベス女王杯2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

いよいよエリザベス女王杯の枠順が確定しました。

 

使用される京都芝2200mは正面スタンドからのスタートとなり、1コーナーまでの距離が長く取られている事で、枠順の有利不利が少ないコースと言われていますが、エリザベス女王杯では顕著な傾向が出ている事実が有ります。

 

詳しくは後述しますが、一見絶好枠に見えても傾向上は良くない枠も同時に存在します。

 

今回は決まった枠順を踏まえて出走馬の考察を行っていきます。

 

枠順確定

 

1-1 ミッキークイーン(牝4、浜中俊・池江泰寿)

 

2-2 マリアライト(牝5、蛯名正義・久保田貴士)

 

2-3 クイーンズリング(牝4、M.デムーロ・吉村圭司)

 

3-4 ヒルノマテーラ(牝5、四位洋文・昆貢)

 

3-5 メイショウマンボ(牝6、池添謙一・飯田祐史)

 

4-6 プロレタリアト(牝5、杉原誠人・小島茂之)

 

4-7 マキシマムドパリ(牝4、武豊・松元茂樹)

 

5-8 タッチングスピーチ(牝4、R.ムーア・石坂正)

 

5-9 シングウィズジョイ(牝4、C.ルメール・友道康夫)

 

6-10 シュンドルボン(牝5、吉田豊・矢野英一)

 

6-11 デンコウアンジュ(牝3、松山弘平・荒川義之)

 

7-12 アスカビレン(牝4、松田大作・中尾秀正)

 

7-13 プリメラアスール(牝4、幸英明・鈴木孝志)

 

8-14 シャルール(牝4、福永祐一・松永幹夫)

 

8-15 パールコード(牝3、川田将雅・中内田充正)

 

一番初めに目を引くのは内枠に入った2頭でしょうか。

 

前日から当日の馬場状態を確認してから最終的な判断はしますが、双方ともに後ろから行く馬ですし、あまりよくない印象です。

 

理由を解説していきます。

 

過去10年の枠順の傾向

 

それでは考察に入る前にまずは過去10年の枠順・馬番の傾向を見ていきます。

 

 

1枠(1-1-0-17)

 

2枠(1-0-1-17)

 

3枠(1-1-3-14)

 

4枠(1-1-2-16)

 

5枠(1-1-0-18)

 

6枠(1-2-1-15)

 

7枠(0-2-2-22)

 

8枠(4-2-1-20)

 

馬番

 

1番 (1-1-0-8)

 

2番 (0-0-0-10)

 

3番 (1-0-0-8)

 

4番 (0-0-2-8)

 

5番 (0-1-1-8)

 

6番 (1-0-1-8)

 

7番 (2-0-1-7)

 

8番 (0-1-1-8)

 

9番 (0-1-0-9)

 

10番(0-0-0-10)

 

11番(0-1-1-7)

 

12番(1-2-0-7)

 

13番(0-0-1-9)

 

14番(0-0-0-9)

 

15番(2-1-1-5)

 

16番(1-0-1-7)

 

17番(0-0-0-7)

 

18番(1-2-0-4)

 

まず顕著なのは8枠の好走率です。

 

過去10年で(4-2-1-20)が示す通り2勝しています。

 

馬番で見ても18番の(1-2-0-4)を筆頭に15番から外が(4-3-2-23)とハイアベレージです。

 

また内外の差を枠ベースで見てみると

 

1・2枠(1-1-0-18)複勝率10%

 

7・8枠(4-4-3-42)複勝率20,75%

 

この様に一般的には有利と言われている内枠の成績が極端に悪くなっています。

 

ちなみに複勝率でいうと3・4枠を合算した数字が一番良いので、まるっきり内枠が駄目という事ではないものの傾向としてはハッキリした結果が出ていると言わざるを得ない状況です。

 

具体的に馬番だけで見ていくとパールコードは15番(2-1-1-5)の強力な馬番の恩恵を受ける可能性が高いです。

 

(2-0-1-7)の7番に入ったマキシマムドパリと(1-2-0-7)の12番に入ったアスカビレンも悪くはないです。

 

その反面、穴馬として一考の余地があったシュンドルボンとシャルールは過去10年

(0-0-0-10)の死に枠に入りました。

 

枠順確定後の有力馬考察

 

枠順を加味した有力馬の最終考察を行います。

 

1枠1番 ミッキークイーン

 

過去10年(1-1-0-8)の1番枠ですので悪くはないですが、枠を生かした旨い立ち回りが出来る馬ではないので、何にせよスタートを決めて流れに乗ることが絶対要件となってきます。

 

安定して差してくる馬なのでデータとしては残っていませんが新馬戦以来の1枠なので、揉まれる展開になった場合には脆い姿が有っても驚かない。

 

2枠2番 マリアライト

 

過去10年(0-0-0-10)の死に枠入りました。

 

一般的には1枠2番というのは絶好枠なのですが、エリザベス女王杯の傾向としては良くありません。

 

生涯初めての1枠でどういった競馬を見せるかがポイントになりますが、ミッキークイーン同様に内枠のリスクも加味して買わなければならない一頭です。

 

マリアライトの1番人気での成績は(1-2-2-0)で勝ちきれない。

 

2勝したGⅠは常に穴馬の立場でしたので、今回が本当の意味で名牝への試金石。

 

8枠15番パールコード

 

基本的には立ち回りが上手い馬なので内枠に入った方が良さそうでしたが、枠番の傾向的には過去10年(2-1-1-5)の15頭立てでは最強馬番に入りました。

 

『JRAが~…ノーザンファームが~…社台が~…ダーレーには~』

 

等、意見も出ているようですが全然悪くないという事は断言します。

 

 

 

その他、上位人気のタッチングスピーチやクイーンズリングは自らの能力を生かせる無難な枠に入ったと思います。

 

『クイーン』2頭に挟まれたマリアライトにサインを感じる人も居ること思われます笑

 

 

 

それでは、今回の考察の最後に枠番を加味して好走確率が高い穴馬を発表します。

 

その馬は ⇒ 人気ブログランキングへ

 

2連勝で挑んだ前走は、しっかり上りの脚を使い一線級の相手にも引けを取らないことを証明しました。

 

昨年に出走したGⅠでも一瞬、圏内が有るかと思えるほどの内容。

 

今回、有力馬を見ながら進められる絶好枠に入りました。

 

鞍上とも手が合う印象なので1発に期待したいです。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。