アルゼンチン共和国杯2016の予想を中心とした記事を書いていきます。

 

アルゼンチン共和国杯は東京芝2500mのハンデ戦GⅡという特殊な舞台で執り行われます。

 

ここをステップにジャパンカップや有馬記念に向かう馬、長距離適性を試しステイヤーズステークスに照準を定める馬、軽ハンデを貰い一発を狙い参戦する馬等、毎年参戦馬が混沌とする重賞になっています。

 

実は意外なほど出世レースとなっており

 

昨年はゴールドアクターがここを制して飛躍しました。

 

毎年、混戦になる重賞ですので、じっくり傾向の考察をしていきたいと思います。

 

 

 

登録馬

 

まずは有力な登録馬をピックアップしていきます。

 

シュヴァルグランは秋華賞を制したヴィブロスと同オーナー大魔神佐々木氏の所有馬。

今回ハンデを課せられましたが、今年は阪神大賞典1着、天皇賞・春の3着と長距離での実績からは致し方ないところ。

ここで良いレースをして年末の有馬記念に繋げたいところです。

 

アルバートは昨秋の連勝の勢いが途絶えてしまいましたが、今年の春も好メンバーと戦ってきて、内容はそこまで悪くありません。

恐らく、ここを叩いて昨年圧勝のステイヤーズーステークス連覇を目指すのでしょう。

この季節に良績が集中する馬ですので、ここも注目です。

 

フェイムゲームは一昨年の勝ち馬。

セン馬になっていてビックリしましたが、去勢手術を行ったようですね。

まだ6歳ですし、力を出し切れば実力、実績は上位ですので、これからも長距離路線を賑わして欲しいところです。

 

ワンアンドオンリー。過去にダービー馬がアルゼンチン共和国杯に出走していた履歴って有るんでしょうか。GⅠでは毎回、好走傾向に合致するも中々、馬券にならずにもどかしい存在です。2年以上勝利が無く、ここも苦戦を強いられるが、そろそろ復調しないと流石にもう・・・という印象。

 

その他、前走オープン特別を勝ったモンドインテロや、佐々木オーナー第二の刺客ヴォルシェーブ、同コースに良績の有るムスカテールなど、バラエティに富んだメンバー構成となっています。

 

買うべき馬券種

 

年/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)

 

2011年/ 1,620円・10,810円(3-1-8)

 

2012年/ 1,060円・ 3,130円(2-3-6)

 

2013年/ 5,050円・ 8,250円(7-4-3)

 

2014年/ 1,510円・ 3,310円(2-4-3)

 

2015年/ 1,460円・ 3,990円(1-4-3)

 

自身の記憶としては何となく荒れる印象を抱いていましたが、過去5年の傾向を見てみると馬連は5年中4年で1,000円台の決着。

三連複も3,000円~10,000円程度と、固めの決着。

1番人気の信頼度が高くない傾向ですが、馬券内は4番人気までの馬が2頭入っています。

3番人気の馬が5年連続で馬券に入っているのがポイントでしょうか。

どの様な馬券種を購入するにせよ点数を広げては駄目。

馬連なら2,3点。三連複なら2頭軸で中穴を絡めてといったところでしょうか。

 

個人的には穴馬券狙いですので、これだけ見るとあまり手を出したいレースではありません。

 

好走傾向

 

・馬齢は4~6歳が中心。4歳は複勝率も高い。

 

・関西馬が有利

 

・55㎏以上の好走率が高い。52㎏以下の馬を買うときは前走1着馬のみを目安に。

 

・前走条件戦の馬は連対馬が基本。人気も上位で有るほど良い。

オープン特別はアイルランドトロフィー組からのみ。

 

・JRAのデータから前走上り3ハロンの順位が4位以内の馬は過去10年(9-6-7-47)馬券内30頭中22頭が該当。

 

・前走重賞はGⅡからの馬が圧倒的な成績を残していますので同格の重賞履歴が必要という事でしょう。前走重賞組で好走した馬は、あまり出てこないので着順や人気はそこまで気にしなくてよさそう。

 

以上の傾向を元に独自の分析で好走馬をピックアップすると浮かび上がって来るのは

 

・シュヴァルグラン

・モンドインテロ

・クリールカイザー

・アルバート

 

中々、傾向も掴みにくく今回は低配当決着と見て馬券を組むので、難解なレースになるかと思われます。

 

具体的な分析結果は、最終予想の記事で書こうと思います。

 

関西騎手は参戦こそ少ないものの好走率は関東騎手を上回っているので、その点も加味して最終結論を導き出したいと思います。

 

あと余談ですが・・・現地観戦した2012年のオーシャンブルーと2013年のホッコーブレーブをそれぞれ印の上位で買っていたのですが、三浦騎手が2年連続で同じような大外ブン回しで5着という思い出が有ります。

 

2年連続で買った私も悪いのですが。

 

広い東京コースとは言えスタミナが問われる舞台ですので、コース取りも重要という事でしょう。

 

・・・三浦騎手は今、大丈夫なのでしょうか。

 

現時点での一番の注目馬はモンドインテロです。

 

前走オープン特別出走でアイルランドトロフィー組ではない事だけが引っかかりますが・・・。

The following two tabs change content below.

虎太郎

荒れるレースを導き出し、大きな配当を当てる。 固いと判断したレースの時には、いかに点数を絞るかを考える。 競馬は毎レース的中出来るものではないですが、レース毎に馬券種や買い方を精査して的中時の期待値を上げて、大きく回収していくのが私のスタイルです。